SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

月に300本以上を制作し検証! PDCAを加速させるプレミアアンチエイジングのクリエイティブ戦略

結果につながるクリエイティブ制作のポイントとは

――クリエイティブ制作において、結果につながるポイントはどういったところにありますか。またクリエイティブ制作において気を付けている点はありますでしょうか?

今村:「極予測AI」の強みは、新規のクリエイティブを考案する過程で「効果予測AI」を活用し、複数の素材の中から広告に最適な素材・箇所を抽出することで、より広告効果の高いクリエイティブを制作することが可能という点です。

 そのため私たちはデザイナーとの打ち合わせで、商品のターゲット情報やお客様が大事にしたいポイントなどクリエイティブ制作に活かせる情報を伝えています。その上で「極予測AI」を活用し制作しています。

――AIだと、ブランドの世界観などと合わなくなってくることはありませんか。

千葉:担当営業の方が丁寧に訴求ポイントを洗い出した上でデザイナーの方と打ち合わせをしてくれているので、ブランドの世界観と合わないものはありませんね。これまでにない新しいクリエイティブが上がってくることがありますが、それは当社においてはいい発見です。

今村:クリエイティブの制作は「極予測AI」のデータをベースに、担当営業とデザイナーが事前に打ち合わせを実施し制作を進めるためクライアントに寄り添った中で最適解を発掘しています。

 また素材に関してはアマナイメージズと連携を行っています。それにより約300万点の素材をデータとして取得するなど、あらゆる業種の企業に対応できる仕組みを整えています。

獲得件数が250%に増加する事例も!効果最大化に貢献

――今後の展望や展開を教えてください。

東:2020年5月に提供を開始した「極予測AI」は、サイバーエージェントグループ全体で力を入れて開発し提供している広告サービスの一つです。「極予測AI」の技術を軸として、検索連動型広告や、動画広告、画像素材の制作にまで技術を応用しサービス提供しています。導入アカウント数も加速度的に増えており、クリエイティブ制作体制も強化しながら、常に挑戦を繰り返しサービスの向上に努めています。

 動画広告の実績においては、「通常の動画広告クリエイティブの制作プロセス」の配信結果と比較し、獲得件数が250%に増加する事例もあり、成果を残しています。様々なジャンルのお客様に満足してご利用いただけることが実績として得られてきました。

 今後も「極予測AI」を活用し、お客様と一緒に広告効果最大化に向けて取り組んでいきたいと思います。

栗原:より多くのお客様へ当社の商品を使っていただけるよう、様々な広告手法を活用し世の中に当社商品の認知を広げていきたいです。広告運用においては、引き続きパートナーであるサイバーエース様の知見を活用させていただき、お互いの事業成長に貢献できればと思っています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/23 10:00 https://markezine.jp/article/detail/35936

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング