SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

“BOTANIST”を展開するI-neが実践!D2C事業者が押さえておくべきAmazon広告の活用法

 急成長するEC市場。複数あるチャネルの中で、特に存在感を示しているのがAmazonだ。ニールセンの調査によると、日本国内におけるAmazonの月間ユニークユーザーは5,200万人を超え(2020年4月時点)、膨大な顧客層に製品を訴求できる場として多くの事業者から注目を集めている。一方、事業者側には「多くの商品の中から、いかに自社製品を発見してもらうか」という課題も出てきている。そこで鍵を握るのが、Amazon広告の戦略的な運用だ。本稿では、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」や美容家電ブランド「SALONIA」を展開する株式会社I-neが進めるAmazon広告戦略と、その戦略を支えるBarriz、サイバー・コミュニケーションズの取り組みから、D2C事業者が押さえておくべきAmazon広告の活用法を探る。

広告を起点に売上拡大を目指し、取引から顧客までハッピーの輪をつなぐ

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、それぞれの事業のミッションと、Amazon広告運用における役割を教えてください。

小松:私たちI-neは、「商品を通じて世界中を幸せにする」というミッションの下、お客様や取引先、地域社会まですべての方々に幸せの連鎖を実現する「Chain of Happiness(以下、COH)」の実現を目指しています。以前、くせ毛に悩むユーザーさんから「I-ne商品を使ってから髪に自信が出て、学校に行くのが楽しくなった」とレビューをいただき、社員みんなで喜んだことがあるのですが、「こういう幸せを広げていきたい」と常々考え事業を展開しています。

 そうしたなかで、私が所属するECセールス部は、商品開発の着想から、最終的なお客様への流通まですべてを統括・実行するダイレクトマーケター部隊で、COHの輪を広げていく役割を担っています。

株式会社I-ne 販売本部 ECセールス部 部長 小松悠氏
株式会社I-ne 販売本部 ECセールス部 部長 小松悠氏

徳永:Barrizの徳永です。設立は2020年4月で、事業領域はD2Cに特化した広告代理事業になります。なかでも最も強みとしているのがAmazon広告になります。Amazon広告を起点とし、Amazon内での売上を最大化させるための販促支援を行っています。

 I-neさんとは会社設立前の2019年からのお付き合いとなり、役割としては全体ディレクション、並びにI-neさんとの打ち合わせや折衝などフロント業務を担当しています。

株式会社Barriz 代表取締役社長 徳永潤一氏
株式会社Barriz 代表取締役社長 徳永潤一氏

金子:CCIの金子です。私たちはBarrizと共にI-neさんのAmazon広告運用に携わっており、主には広告の設計コンサルティング、運用の担当として、広告という手段を通じ、販促・宣伝の両領域でのアカウント支援を行っております。

株式会社サイバー・コミュニケーションズ メディアソリューション・ディビジョン チーム・マネージャー 金子侑史氏
株式会社サイバー・コミュニケーションズ メディアソリューション・ディビジョン チーム・マネージャー 金子侑史氏

Amazonと楽天、デジタルチャネルそれぞれの特性と違いとは

MZ:I-neのECセールス部では、現在どのような販売チャネルを活用されているのでしょうか。

小松:Amazonや楽天などの「モール」と「自社EC」の2つを活用しています。弊社のECはモバイル通販としてスタートし、その後、楽天市場に出店し、BOTANISTやSALONIAの売上が大きく伸びました。ここ数年でAmazonがテレビCM等に積極的投資するようになったことも一因かと思うのですが、弊社の中でAmazonの売上が急激に成長しています。Amazonの市場の拡大とともに、BOTANISTならびにSALONIAの売上も比例するように伸びています。

 そこで、より効果を上げるため、Amazon広告の運用をCCIさんにお願いすることになりました。昨年(2020年)はCCIから徳永さんが独立してBarrizを立ち上げ、現在当社を含めて3社で運用に当たっているところです。

MZ:Amazonと楽天で、それぞれの特性や違いをどう捉えられていますか?

小松:簡単にいえば、楽天は店舗型で、Amazonはマーケットプレイス型になります。楽天では、私たちI-neの自社店舗(EC)である「&Habit」を出店しており、「&Habit楽天市場店」という場で、BOTANISTやSALONIAを含む当社のブランド製品を提供しています。

 これに対し、Amazonは店舗という概念ではなく、商品を登録していきます。見え方としては「市場に品物が並べてある」という感じで、お店で出店している概念ではありません。いろいろな商品がズラッと並んでいて、そこからチョイスする感覚です。

MZ:見せ方がまったく違うのですね。

小松:まったく違います。楽天の場合、「店舗としてどう見せていくのか」が課題ですが、Amazonでは「1つの商品、SKUをどう購入していただくのか」という点がポイントになります。

MZ:出店先としてのAmazonの強みはどのようにお考えですか?

小松:即日発送や土日配送に対応している点ですね。私たちは、購入の最終決定をするお客様のことを「ボス」と定義し、「ボス目線」で事業を考える風土があるのですが、そのボス目線でいうと、欲しいものをすぐに入手できる点、つまり「フルフィルメント分野」においてAmazonはとても強いと思います。

次のページ
I-neが考える、Amazonで売上を上げる「運用の基本」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング