SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

人気TikTokクリエイター×ドミノ・ピザに聞く、TikTokマーケティング成功の秘訣

 本記事では、ドミノ・ピザ ジャパンでソーシャルメディアマーケティングを統括する小山魁理(こやま・かいり)氏、TikTokクリエイターの修一朗氏とゆうたろう氏にインタビュー。ドミノ・ピザがTikTok活用を強化する理由や施策の詳細、またTikTokクリエイターが企業案件の動画制作時に意識していることなどが明らかになった。

TikTokは継続的に活用しているコミュニケーションチャネル

MarkeZine編集部(以下、MZ):御社は公式TikTokアカウントを開設して以来、TikTok For Businessを活用して、ピンポイントデリバリーやお持ち帰り半額™など、様々なサービス、商品の訴求を行っていますが、その背景から教えてください。

小山:ドミノ・ピザではテレビCMやダイレクトメールなど様々なチャネルを活用してコミュニケーションを展開しています。私のチームでは、ソーシャルメディアでのマーケティングを担当しており、TikTokは継続的に活用を続けているチャネルの一つです。

 TikTokならではのユーザー層や世界観を踏まえて、ユーザーの皆さんが楽しんでいただけるコンテンツ作りをこれまでも行っており、ピンポイントデリバリーとお持ち帰り半額™️に関しても、同じ考えでTikTokでの訴求を決めました。

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン デジタルマーケティング部 ソーシャルメディアマーケティング課 ソーシャルメディアマネージャー 小山 魁理氏
株式会社ドミノ・ピザ ジャパン デジタルマーケティング部
ソーシャルメディアマーケティング課 マネージャー 小山 魁理氏

MZ:TikTokならではのユーザー層というのは、やはりZ世代になってくるのでしょうか。

小山:はい。この先もZ世代は、一番のターゲット層として捉えています。Z世代のTikTokユーザーを見ると、就職や結婚、出産などライフステージの変化を迎える層が多くいる印象がありますが、彼らは引き続き根強いTikTokユーザーです。一方で、最近ではユーザーの年齢層も幅広くなっているため、Z世代以外も意識した、幅広い層へのアプローチが可能なチャネルになると期待しています。

TikTokクリエイターを起用し続ける理由

MZ:御社はTikTokクリエイターを起用した動画を展開されている印象が強いのですが、その理由を教えてください。

小山:TikTokクリエイターの方が持つ世界観だからこそ、知ってもらえるきっかけが作れるケースがあるためです。我々は公式TikTokアカウントを開設して運用していますが、クリエイターの動画と公式アカウントでそれぞれ異なる目的とKPIを設定していますし、訴求したいプロダクトやサービス内容によっても細かく使い分けています。

 その上で、今回のピンポイントデリバリーやお持ち帰り半額™️では、利用シーンやターゲットなどをよりユーザーの方にイメージしてもらいやすくするために、TikTokクリエイターの方の目線で動画を制作・発信いただき、サービスの認知・理解を促したいと考えました。

MZ:今回ピンポイントデリバリーではゆうたろうさん、お持ち帰り半額™では修一朗さんに動画を制作いただいていますが、それぞれの起用理由を教えてください。

小山:ゆうたろうさんは、日頃からパルクールであらゆる場所をダイナミックに移動する動画を投稿されていて、地図の指定した場所に注文できるピンポイントデリバリーと掛け合わせたらおもしろいかつサービスのメリットが伝わる動画ができると考えました。

 修一朗さんは、Vlogと呼ばれる生活感のある動画を日々投稿されており、我々としては、お持ち帰り半額™を大学生や若手社会人の方々にもっと気軽に楽しくご利用いただけるサービスであることを、“自分ごと化”して捉えて欲しいという思いがありました。そのため、修一朗さんのVlog スタイルであればオケージョンがイメージしやすく、彼の持つファンのターゲット層とも相性が良いと考え依頼いたしました。

次のページ
人気クリエイターに学ぶ、TikTokの動画で大事なこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/12 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36276

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング