SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』巻頭インタビュー

本丸は、社内のカルチャーを変えること 他社への展開も見通す、富士通の本気のDX

 日本企業をICTの側面から支援してきた富士通が、自社のDXに本腰を入れて取り組んでいる。2020年7月、全社DXプロジェクト「フジトラ(Fujitsu Transformation)」を始動。前年に就任した時田隆仁代表がCDXOとしてプロジェクトを率い、その補佐役を2020年4月から同社に参画する福田譲氏が務める。福田氏は30代でSAPの日本法人社長に就き、外部から様々な日本企業の変革を支援してきた。「富士通自体を変えていくDXの知見は、日本中の企業のDX支援にきっと活かせる」と醍醐味を語る福田氏に、プロジェクトの全体像と推進の内容を聞いた。

この記事はプレミアム記事(有料)です。
個人向け購読はこちら
初月550円
法人向け購読はこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』巻頭インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/25 06:30 https://markezine.jp/article/detail/37521

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング