SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(PR)

【Twitch解説】爆発的に成長中のライブストリーミング市場、マーケチャネルとしての重要性はいかに?

 ハイスピードで成長を続けているライブストリーミング市場。もはや無視できない規模にまで成長しており、常に次の一手を探し続けなければいけないマーケターにとって、この潮流を押さえることは必須となっている。そして、この成長を最前線で率いているのが、Amazonの提供する「Twitch(ツイッチ)」だ。本稿では、ライブストリーミング市場の現状とマーケティングチャネルとしての重要性、Twitchの特徴などについて、アマゾンジャパン合同会社 Head of Twitch Advertising Sales(Japan)のジョン・アンダーソン氏にうかがった。

記録的な伸びを見せているライブストリーミング市場

――はじめに、昨今のライブストリーミング市場の成長について、状況を教えて下さい。

 2019年から2020年の1年間で、世界でのライブストリーミングのコンテンツは156億時間から279億時間に増え、78.5%の成長を遂げています。これは、世界的なロックダウンにより、ライブストリーミングコンテンツへのニーズが加速したことによる記録的な数字です。コミュニティに参加して、お互いに繋がり、交流するというライブストリーミングの価値が前面に押し出された結果であると捉えています。

 また、Grand View Research社によると、APACのライブストリーミング市場規模は、2027年までに930億米ドル以上に成長すると予測されています。その中でも、ゲームがライブストリーミングの成長を大きく牽引しており、すでに音楽と映画を合わせた市場よりも巨大な世界的産業となっているのです。APACは世界のゲーム市場の約半分を占めており、日本は中国に次いで第2位の市場規模を誇っています。

――そうした流れの中で、ライブストリーミングの世界的リーダーであるTwitchの成長が著しいのは明白ですが、現在どのような状況でしょうか?

 2011年に誕生して以来、Twitchは大規模な成長を遂げてきました。2020年の視聴者数は2011年の86倍以上になっており、視聴時間も670億時間を超えています。これは全人類が1人あたり8時間以上の動画を視聴するのに十分な量です。この視聴時間の背景には、巨大なストリーマーのコミュニティがあり、2020年だけで2,600万以上のチャンネルが公開されています。

Twitchとは

Amazonが提供する世界有数のインタラクティブ・ライブ・ストリーミング・サービス。多種多様なクリエイターが、ゲーム、スポーツ、エンターテインメント、音楽など多様なコンテンツを日々配信している。

――海外では、マーケティングコミュニケーションの場として、ライブストリーミングへの注目がすでに高まっているのでしょうか?

 そうですね。ここまでのお話しでおわかりいただけたと思いますが、ライブストリーミング業界の成長は著しく、今後も市場の拡大が見込まれています。この勢いを新たなマーケティングの機会と捉え、多くのブランドがTwitchとの提携を開始しています。ライブストリーミングをマーケティングチャネルとして活用することに関しては、北米が最も進んでいる状況ですが、APAC含め他の地域でもライブストリーミングの可能性に多くのブランドが気づき始めている状況です。

人々がライブストリーミングに求めている体験価値

――Amazonプライムをはじめとする動画配信サービスやテレビ、ラジオなどのいずれにおいても「いつでも見られる」というニーズが強まっているように感じます。そのような中で、「ライブ配信」を視聴するユーザーは、どのような体験価値を求めているのでしょうか?

 たしかに、視聴習慣の変化は、VODの増加や常時視聴できる昨今のサービスに反映されています。一方で、ライブストリーミングの驚異的な成長は、視聴体験に求める人々の期待が継続的に進化していることを示していると考えています。視聴者は、もはや受動的な視聴体験を求めていません。視聴者が求めているのは、自分のエンターテインメントを形にできる、寄り添ったインタラクティブな体験なのです。

 そうなると、コンテンツは「見逃すと損をする」ものとなります。ライブであり、刹那的である。そして、視聴者がいることで形になるライブストリーミングは、視聴者によってコントロールされるカスタムテレビチャンネルのようなものです。

――そうしたニーズがある中で、ユーザーはどのようにTwitchを楽しんでいるのでしょうか?

 Twitchは、単にストリーマーが何かをやっている様子を見るという一方向的なエンターテインメントではありません。誰もがリアルタイムに役割を果たすことができる、インタラクティブな体験を提供するマルチプレイヤーエンターテインメントです。ユーザーは、自身が興味関心のある分野で優れたクリエイターや面白いストリーマーを発見して、そういった体験を楽しんでいます。

次のページ
Twitch最大の特徴は? 押さえておきたい潮流

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/23 17:38 https://markezine.jp/article/detail/37616

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング