SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(PR)

【Twitch解説】爆発的に成長中のライブストリーミング市場、マーケチャネルとしての重要性はいかに?

Twitch最大の特徴は? 押さえておきたい潮流

――ここで改めて、Twitchのサービスについて特徴をご紹介いただけますか?

 Twitchはゲーム、スポーツ、エンターテインメント、音楽などのコンテンツを提供する世界有数のインタラクティブ・ライブ・ストリーミング・サービスです。多様なコンテンツ、リアルタイムのインタラクション、強力なコミュニティの組み合わせで成り立っている点が最大の特徴です。

 中でも、コミュニティは非常にユニークで、常時250万人以上の人々がお気に入りのストリーマーのコンテンツを見たり、新しいストリーマーを発見したりしています。多種多様なコンテンツとストリーマーで構成されている、巨大で強力なコミュニティとなっています。

「Twitch Rivals」と「Twitch Streamer Battle」
「Twitch Rivals」と「Twitch Streamer Battle」

――ここまでのお話しから、コミュニティの存在がTwitch全体を盛り上げている印象を受けました。

 そうですね。APACでもTwitchの視聴時間は力強いペースで伸びており、2021年第1四半期には前年同期比51%の伸びを記録しています。このコンテンツ需要に応えているのが、増加しているストリーマーの大規模コミュニティです。APACにおけるアクティブなアフィリエイトとパートナーの総数は、2019年第1四半期から2021年第1四半期までの過去2年間で2.5倍に増加しています。

――日本にはどのようなオーディエンスがいるのでしょうか?

 視聴者を国別に分類していませんが、日本のコミュニティも世界的な傾向と一致しており、2020年にはかつてないほどの成長を遂げたと言えます。この成長は、既存のユーザーだけでなく、新規のユーザーからもたらされました。また、Twitchの視聴者は多くの方が思っているよりも年齢層が高く、20~35歳のコミュニティが大半を占めています。

ゲームをDNAとしながらも進んできたコンテンツの多様化

――Twitchではどのようなコンテンツが人気があるのですか?

 前提として、TwitchのDNAにはゲームが組み込まれています。APAC全域に強力なゲームコミュニティがあることを我々は誇りに思っています。そうは言っても、今では非常にコンテンツの内容が多様化しており、誰もが楽しめるプラットフォームになっています。実際、ゲーム以外のコンテンツが、過去3年で4倍に増加しているのです。ゲーム以外で大別すると、次の4つのカテゴリがあります。

1.Just Chatting(雑談)

ストリーミング開始時のウォーミングアップ、Q&A、ライブブログなど、ストリーマーと視聴者の間で交わされる会話。Twitchの非ゲームカテゴリの中で最も人気がある。

2.音楽・舞台芸術

音楽ライブやフェスティバルの開催のほか、ダンス、歌、作曲、楽器演奏などを楽しむコンテンツカテゴリ。

3.アート

絵画、イラスト、アニメーション、コミック、写真など、様々な手法や技術を駆使して創作活動を行っているすべてのアーティストのためのカテゴリ。

4.スポーツ&フィットネス

NFLやF1などのプロ部門のチームスポーツから、初心者や1人でのトレーニングまで、あらゆる人がスポーツとフィットネスを楽しむコンテンツカテゴリ。

多くのライブイベントが中止となったコロナ禍では、音楽の新しい楽しみ方としてライブ配信が一気に浸透した
多くのライブイベントが中止となったコロナ禍では、音楽の新しい楽しみ方としてライブ配信が一気に浸透した

次のページ
押さえておきたい、Twitch広告の基本知識

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/22 13:25 https://markezine.jp/article/detail/37616

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング