SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

特集:あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話

数字が見えるとおもしろさが一気に増していく。BtoBマーケターの成長と仕事の魅力

 BtoBマーケティング組織の立ち上げから短期間で成果を残し、賞を受けるなど注目を集めたブラザー販売。マネージャーを務めた今村綾子氏は、事業を推進する中でマーケティングの必要性を実感し、自ら提案して組織を立ち上げた人物だ。現在は次なる挑戦として、リコーにおいてグローバルマーケティングを担当しているという。これまでのキャリアとBtoBマーケターとしての成長、仕事の魅力についてうかがった。

※本記事は、2022年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』75号に掲載したものです。

「最も忙しい部署」を希望し、経験を積んだ20代

株式会社リコーグラフィックコミュニケーションズ デジタルサービス事業センター
企画推進グループ 今村綾子(いまむら・あやこ)氏

 ブラザー工業へ入社後、欧米向けの営業企画・商品企画や新規事業に15年間携わったのち、ブラザー販売へ出向。2019年にBtoBマーケティングG組織を立ち上げ3年間で売上を急成長させた。2022年2月より現職。

――最初に今村さんの現在のお仕事についてお聞きしてもよろしいですか?

 私は現在、リコーのグラフィックコミュニケーションユニットに在籍しています。商用印刷や産業印刷の領域で、お客様の業務効率や価値を最大化するソリューションを提供している部門です。私が担っているのはグローバルマーケティングという仕事で、海外の事例を日本に展開したり、逆に日本の事例を海外へ共有したりして、営業活動をサポートするとともに、お客様のニーズを分析し、より高い価値を創出できるよう動いています。

――ありがとうございます。続いて、これまでのキャリアについて教えてください。

 キャリアの初期からマーケティング職に就いていたわけではありませんでした。大学卒業後、ブラザー工業に新卒入社し、20代は営業企画部や商品企画部で経験を積みました。社会人になりたての頃は職種に対する明確なイメージがなく、配属時の面談では、「とにかく一番忙しい部署にしてください!」とお願いしたのを覚えています。配属先では販売促進やKPI、商品仕様などを決めるため、販売会社(欧米)との議論などを進めていました。確かにとても忙しく、多くの人と接する機会に恵まれました。

 やがて30代にさしかかる頃、そうした人との出会いや様々な本に刺激され、自分のキャリアについて考えを巡らせるようになっていきます。自分のこれからを想像し、経営や戦略策定のスキルを身につけたいと休職し、イギリスのビジネススクールでMBAを取得しました。

 修了後はブラザー工業に復帰。学んできた知識も活かしたかったため、商品企画の中でも新規事業を開発する部署で仕事をしましたが、3年ほど勤務した後、あるジレンマを感じるようになっていたんです。商流として、販売会社や代理店の営業を通じてお客様にお届けする構造だったため、お客様の意見や評価が見えづらかったんです。また、販売実績がない新しい製品においては、お客様に届ける前に、製品を売ってもらうための営業への理解や動機づけも必要になってきますが、どうしても営業にとって売りにくいモノの扱いになってしまいます。「お客様のお役に立ちたい」と作った製品を、広く届けることができない。このジレンマを乗り越えるためには、営業活動以外にもお客様とつながり、価値を伝える仕組みが必要になります。そう考え、販売会社であるブラザー販売へ出向し、マーケティングの仕組みを作りたいと希望したんです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
学んだ知識を自社に合わせてチューニング。その過程で力が付いた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
特集:あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/25 09:30 https://markezine.jp/article/detail/38592

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング