SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

食べチョク、SDGsに貢献する取り組みを強化/法人企業向け福利厚生サービスや特集ページなどを開始

 産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは、SDGs貢献に向け3つの取り組みを強化した。

 1つ目は、法人向けサービス「食べチョク for Business」にて、SDGsプランを開始した。「食べチョク for Business」は法人企業の福利厚生や販促キャンペーンに食べチョクを活用できるサービスとして、2021年3月より提供している。

 今回開始したSDGsプランは、持続可能な一次産業の取り組みについて学べる機会を提供できるほか、生産者から直接新鮮食材が届く。

 2つ目は、「生産者直伝の食材使い切りレシピ」特集の開設だ。食材の皮やヘタなど、捨ててしまいがちな部分を使って作るレシピを生産者に聞き、まとめた。レシピページは、使用されている食材の詳細ページへ直接遷移できる仕様となっている。

 3つ目は、同社のSDGs特集に「未利用魚」特集を新設した。SDGs特集は「プラスチックフリー」や「循環型農業」などのテーマごとに商品をまとめている。今回、魚体の形が不ぞろいな魚や、漁獲量が一定の量に満たず市場に出せない魚など、捨てられてしまう未利用魚の商品をまとめた「未利用魚」特集を新設。合わせてASC認証やMPS認証を取得している信頼度の高い生産者の商品を集めた「持続可能な一次産業」特集も新たに追加した。

【関連記事】
食べチョク、果物定期便に一人暮らしにも丁度いいメニューを新設 多様なライフスタイルに対応
SDGsの認知度はシニア世代も8割超/取り組み意向は70代がトップ【ハルメク生きかた上手研究所調べ】
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】
博報堂SDGsプロジェクト、「社会行動クラスター」を開発
2021年に流行ったモノ、総合1位は大谷選手 マリトッツォ・SDGsも上位に【LINEリサーチ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/20 15:45 https://markezine.jp/article/detail/38838

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング