SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、謎解きやキャラクター活用で情報発信ができるTwitter広告制作メニューの提供を開始

 電通デジタルは、Twitterの広告メニュー「Twitter Amplifyスポンサーシップ」において、謎解きコンテンツやキャラクターアバターを活用したオリジナル広告を企画・制作するパッケージの提供を開始した。

 今回開始する「謎解きスポンサーシップ」「キャラトーカースポンサーシップ」は、Twitterの広告メニュー「Twitter Amplifyスポンサーシップ」として提供されるもの。同メニューは、一定金額以上の広告出稿条件を満たすと、Twitter配信に広告クリエイティブ企画・制作費が内包されるパッケージだ。

 広告主はコストを安価に抑えることができるだけでなく、電通デジタルのアドバンストクリエイティブセンターが、企画提案からデザイン、ツイート文の制作までワンストップで行っていく。

 「謎解きスポンサーシップ」は、謎解きコンテンツを活用することで、思わず答えたくなり、かつエンゲージメントを高めながら商品への興味喚起を実現するクリエイティブ広告を制作。同クリエイティブの肝となる「謎」の制作は、クイズコンテンツ制作の専門集団であるクイズ法人カプリティオが担う。

「謎解きスポンサーシップ」ツイート制作イメージ
「謎解きスポンサーシップ」ツイート制作イメージ

 「キャラトーカースポンサーシップ」は、電通独自開発のキャラクターアバターソリューション「キャラトーカー」を利用したクリエイティブ広告。広告主が持つキャラクターを自在に動かし、イキイキとした表情で語りかけることでエンゲージメントを高める。同クリエイティブは、電通デジタル・電通合同のキャラクター特化チームが、これまでのキャラクター制作・育成の実績やノウハウを活かし、企画、制作を行っていく。

「キャラトーカースポンサーシップ」動画制作イメージ

「キャラトーカースポンサーシップ」動画制作イメージ

【関連記事】
電通デジタルと電通コンサルティング、DX人材を育成するワークショップの提供を開始
アサヒビールと電通デジタルの合弁会社、お酒を「飲まない/飲めない」人も楽しめるバーを渋谷にオープン
電通デジタル、デジタル人材育成に向けDX講座を開始 早稲田大学・大阪大学・神戸大学で開設
電通デジタルとアクイア、オムロン電子部品事業部のグローバルWebサイトリニューアルを支援
電通デジタル、「トランスフォーメーション領域」を新設 DXによる企業の事業モデル変革支援事業の強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/23 12:45 https://markezine.jp/article/detail/39053

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング