SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ユーザー視点のギフト選びで顧客エンゲージメントを強化。KDDIが選んだ「giftee Box」の強み

 SNSやメールを通じて手軽に贈れるデジタルギフトの市場は、昨今の直接会えない社会情勢の影響もあり拡大を続けている。企業も顧客に対して謝礼やキャンペーンギフトを贈る際にデジタルギフトを活用する例が増えてきた。従来のクーポン配布やポイント還元といった施策と何が異なるのか。顧客とのコミュニケーションの活性化におけるデジタルギフトが持つ可能性について、実際にギフティの法人向けサービス「giftee for Business」およびオリジナルプロダクトである「giftee Box」を導入しているKDDIの東怜子氏と、ギフティの篠塚大樹氏に伺った。

KDDIが子育て世代を応援する「子育てエールプログラム」

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、お二人の業務のミッションも含めて、簡単に自己紹介をお願いします。

KDDI 東(以下、東):KDDIのアライアンスビジネス企画部 ビジネス推進グループのリーダーをしております。私は新卒でKDDIに入社し、直近10年ほどはau・UQ mobileのコンシューマー領域のマーケティングに携わってきました。

 当部署のミッションは、au・UQ mobileのお客様向けに外部パートナーと連携しながら魅力的なサービスを提供することです。その中で、「子育てエールプログラム」という企画を立ち上げて運営しています。

KDDI株式会社 パーソナル事業本部パーソナル企画統括本部アライアンスビジネス企画部ビジネス推進Gグループリーダー 東怜子氏
KDDI株式会社 パーソナル事業本部 パーソナル企画統括本部 アライアンスビジネス企画部 ビジネス推進Gグループリーダー 東 怜子氏

ギフティ 篠塚(以下、篠塚):弊社はデジタルギフトの発行から流通まで一気通貫で提供する「eギフトプラットフォーム」を展開しており、主要サービス「giftee」は個人間でギフトを贈り合うことができます。

 一方で、企業のプロモーションやキャンペーンなど、マーケティング施策をギフトでお手伝いする「giftee for Business」というサービスも展開しており、私はそのマネージャーをしております。今回KDDI様に導入いただいた「giftee Box」にはプロダクトマネージャーとして携わってきました。

株式会社ギフティ Business Development Div. Manager 篠塚 大樹氏
株式会社ギフティ Business Development Div. Manager 篠塚 大樹氏

MZ:まず東さんに伺いたいのですが、「子育てエールプログラム」とはどのようなサービスなのでしょうか? サービスの背景・狙いについてもお聞かせください。

東:子育てエールプログラム」は、昨年の10月に開始したau・UQ mobileのお客様向けのサービスです。お客様のなかでも、0〜12歳のお子様がいる「子育て世帯」を応援する趣旨で、子育てを軸とした特典や情報提供をメインにしております。

 お子様がいらっしゃる方や世帯というセグメントでの接点がないため、au・UQ mobileユーザーでいらっしゃるにもかかわらずその方々との継続的な接点を持てないという課題がありました。

 これを解消するため、子育て世帯に特化した明確な特典を提供し、定期的なタッチポイントを作ることでお客様のエンゲージメントを強化したい、さらに引き続きのKDDIサービスのご利用につながっていけばといった思いで、本サービスを立ち上げました。

MZ:その中で、デジタルギフト「giftee Box」をどのように活用されているのでしょうか?

東:子育てエールプログラムの特典は主に3点です。まず、利用料は月額110円(税込み)なのですが、毎月100Pontaポイント進呈されます。次に「毎月変わる抽選特典」ではコンビニのアイスやロールケーキ、キッザニア入場券など家族みんなで楽しめる特典が当たります。実はこの裏側でもギフティ様の抽選のシステムを使わせていただいています。

 3つ目に、1年に一度会員の方々全員に「デジタルカタログギフト」をお贈りするという特典を用意しています。我々から配信するメール経由でデジタルカタログのURLを送付し、お客様ご自身で好きな商品を選んでいただくという特典です。このデジタルカタログギフトにおいて、「giftee Box」を活用しています。

子育てエールプログラム | au

ギフトだからこそ強化できる顧客とのつながり

MZ:顧客への特典であれば、ポイント還元や金券など様々な形があると思いますが、デジタルギフトという形を採用され、かつ「giftee Box」を選ばれた背景はなんでしょうか。

東:年に一度必ずもらえる特典を何にするかは重要なポイントなので、ユーザーアンケートを行うなどしてかなり慎重に検討していました。その中で3つの課題にぶつかりました。

 まず、お客様のニーズは多様であるということ。アンケートからもわかったことですが、子育て世帯と一言で言っても「0歳児の母親」と「11歳児の父親」が求めるものはかなり異なります。だからといってポイントや金券を差し上げるだけでは「子育てエールプログラム」の色がない。幅広いニーズを持ったお客様が受け取ってちょっとほっとするような、「au・UQ mobileっていいな」と思っていただけるような特典は何か、かなり悩みました。

 また、全国にいらっしゃるお客様に、地域性の点で不公平感を生みたくない思いもありました。たとえば子育て世帯にはテーマパークの優待券という特典は一見よさそうですが、テーマパークの近くに在住されている人にしか喜ばれない懸念もあります。さらに、何の特典を贈るにしても0からシステム構築すると社内コストがかかるという問題もありました。

 これら3つの課題をすべて解消できるのがデジタルギフトであり、「giftee Box」だったというわけです。幅広いニーズを満たす豊富な商品と、全国どこにいても使えるクーポンサービスであること。導入も手軽だった点が、採用のポイントでした。

 ギフトであることで「お客様のことを考えてご用意しました」という想いが伝わるので、お客様とのある種のコミュニケーションができている感覚はありますね。

MZ:顧客接点を増やし、お客様のエンゲージメントを高めるという目的に、デジタルギフトおよび「giftee Box」がふさわしかったのですね。

次のページ
「データを次に活かせる」ギフトマーケティングの最先端

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡田 果子(オカダ カコ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/02 18:14 https://markezine.jp/article/detail/39393

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング