SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

アプリの利用増加に貢献!LINEマンガのフルファネル×中長期のTikTok広告活用

 スマートフォンやタブレットで気軽にマンガ作品や話題のwebtoonが楽しめる電子コミックサービスのLINEマンガ。そんなLINEマンガは、若年層をターゲットに2021年からTikTok for Businessの広告配信を開始した。本記事では、認知から獲得までフルファネルで中長期的にTikTok for Businessを活用するLINEマンガの事例について、同サービスのマーケティングを担当するLINE Digital Frontierの堀内氏と高橋氏、そしてTikTok for Businessの運用を支援するアイレップの岩城氏、米本氏に話を聞いた。

若年層の獲得目的にTikTok for Businessを活用

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、TikTokの広告ソリューションであるTikTok for Businessの活用を始めた経緯を教えてください。

堀内:TikTok for Businessの配信を本格的に開始したのは2021年の夏ごろでした。LINEマンガは元々幅広い年代の方にご利用いただいていることもあり、それまで年代別のターゲティングを細かく行っていませんでした。

 そんな時、広告運用を支援いただいているアイレップさんと議論する中で、「LINEマンガの魅力を若年層へ伝えられるチャネルを確保する」という目標を両者で掲げました。そこから既存を含めた広告配信のチャネルを整理し、若年層へのアプローチはTikTok for Businessで重点的に行おうと決断しました。

LINE Digital Frontier株式会社 マーケティングコミュニケーション室 マーケティング戦略部 堀内 達朗氏
LINE Digital Frontier株式会社
マーケティングコミュニケーション室
マーケティング戦略部
堀内 達朗氏

MZ:TikTok for Businessの活用について、アイレップさんはどのような提案を行ったのでしょうか。

岩城:TikTokは縦型のショートムービーが特徴的なので、とにかくPDCAサイクルを回しながらTikTokに最適なクリエイティブを検証することを提案しました。

 また、通常の広告配信だけでは成果を最大化できないと思い、TikTokクリエイターの動画を広告として第三者配信することができるSpark Adsの活用も勧めました。

認知から獲得までフルファネルでTikTokを活用

MZ:運用型のTikTok for BusinessとTikTokクリエイターの投稿を第三者配信するSpark Adsを 中心に活用していたのでしょうか。

堀内:そうですね。加えて、アプリ起動時に動画を配信できる「TopView」、広告リーチや動画視聴を最適化する運用型インフィード広告の「Brand Auction」も活用していました。これらのソリューションは、有名なアーティストのコラボマンガなど世の中の注目が大きく集まる作品の認知拡大を目的に活用しました。

MZ:獲得目的のTikTok for BusinessとSpark Adsは定常的に配信し、しかるべきタイミングで認知目的のTopViewやBrand Auctionを活用することで、認知から獲得までフルファネルでカバーしているんですね。

堀内:おっしゃる通りです。広告に投資できるリソースは限られるので、TopViewなど認知目的のソリューションは定常的なメニューと比較して利用頻度が少ないのが現状です。しかし、ここぞというときに活用することで一定の効果が得られているので、認知から獲得まで活用できるソリューションがTikTok for Businessには揃っていると感じています。

MZ:通常時はTikTok for BusinessとSpark Adsを活用しているとのことですが、どのようなKPIを設定しているのでしょうか。

堀内:基本的には、アプリの利用につながっているかを計測するためにDAUをKPIに置いています。新規ユーザーの獲得はもちろん、過去に利用していたユーザーのリテンション(復帰)も狙い、より多くの方にLINEマンガを日常的に利用いただくことを重要視しています。

次のページ
Spark Ads活用に欠かせないクリエイター選定の秘訣とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/31 18:14 https://markezine.jp/article/detail/39564

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング