SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

コンバージョン率は手動運用時から20%増! オーテとUNICORNのアプリ広告運用

 人気ゲームアプリ「ジグソーde懸賞」を提供するオーテでは、Apple Search Adsの手動運用に限界を感じ、全自動マーケティングプラットフォームの「UNICORN」を導入した。キーワードの選定や配信ボリュームの調整を機械学習によって自動化したところ、コンバージョン率が約20%上昇。手動運用に割いていた時間を他の業務に充てた。結果として、App Store内の検索順位も最大50位アップしたという。本記事ではオーテとUNICORNの担当者に、Apple Search Adsの最新機能とUNICORNの活用メリットを聞いた。

ジグソーパズルと懸賞を組み合わせたユニークなアプリゲーム

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、自己紹介からお願いします。

横山:全自動化マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を提供するUNICORN株式会社において、Apple Search Adsの運用支援や、関連プロダクトの開発に携わっています。2007年にアドウェイズへ入社し、グループ内で様々な事業を経験した後、2018年より子会社のUNICORNにジョインしました。

UNICORN Senior Business Development 横山裕治氏
UNICORN Senior Business Development 横山裕治氏

銘苅:アプリの企画・開発・運営を行うオーテで、アドネットワークへの出稿やASO(アプリストア最適化)を担当しています。加えてアプリ内のプッシュ通知など、ユーザーとのタッチポイントを活用した施策も私の担当です。2018年に親会社であるアイモバイルに入社し、3年半ほどアプリ広告のセールスを務めていました。オーテの買収にともない、2021年8月より現在のポジションです。

オーテ マーケティンググループ 銘苅耕作氏
オーテ マーケティンググループ 銘苅耕作氏

MZ:オーテが展開しているアプリゲーム「ジグソーde懸賞」の概要と特徴を教えてください。

銘苅:ジグソーde懸賞は、ジグソーパズルと懸賞を組み合わせたアプリゲームです。ジグソーパズルを解いていくとレベルに応じてポイントが付与され、貯まったポイントを使って好きな懸賞賞品に応募できる仕組みとなっています。

ジグソーde懸賞
ジグソーde懸賞

銘苅:ジグソーパズル単体やポイ活単体、懸賞単体のアプリはありますが、ジグソーパズルと懸賞を組み合わせた点にこのアプリの特徴があります。ゲームのプレイ時間がポイントとして還元される仕組みにメリットを感じ、長期的に利用してくださるユーザーも多いです。メインターゲットは「お得」「節約」への意識が高い主婦層ですが、実際には男性ユーザーも多く、バランスが取れていると感じます。

獲得効率の低下やROASの回収に課題

MZ:ジグソーde懸賞のマーケティングを推進するにあたり、抱えていた課題を教えてください。

銘苅:2018年のアプリリリース時と比べて、私が携わるようになった2021年は獲得効率の低下に課題がありました。コロナ禍に突入した直後はスキマ時間を埋めるアプリとして利用が大きく拡大したものの、感染状況が落ち着いてくるとインストール数の伸びは鈍化。ROASが下がってCPIも高騰するなど、厳しい局面を迎えていました。

MZ:獲得効率を上げる打ち手のひとつとして、Apple Search Adsへの取り組み強化が挙げられます。そもそもApple Search Adsとは、どのような広告商品なのでしょうか。

横山:Apple Search Adsは、Apple社が独自に提供している広告サービスです。iOSユーザーがアプリをインストールするApp Store上で配信される、唯一の広告を指します。Apple Search Adsでは2022年10月に新たなプレースメントが追加され、広告の提供範囲が広がっています。

 たとえばユーザーがApp Storeのアプリを起動した際、最初に表示される「Todayタブ広告」は、従来の検索タブ・検索結果に配信される枠とは異なるディスプレイタイプのプレースメントです。Todayタブ広告によって、ユーザーが検索というアクションを起こす前の段階から広告を露出することができ、より多くのユーザーにリーチすることが可能となりました。

次のページ
Apple Search Adsの全自動運用に可能性を感じた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:UNICORN株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/18 10:30 https://markezine.jp/article/detail/41226

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング