SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

LINEで認知から獲得、ファン化まで完結!ユニークビジョンとADK MSが語る、これからのCRM

 ユニークビジョンとADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)が共同で開発し、提供を開始したSNS販促集客ソリューション「ADK-SPer(エスパー)」。同ソリューションは両社の強みを活かし、LINEを中心としたSNSを活用し、認知からファン化までをトータルでサポートできる強みを持つ。開発の背景にあったのは、近年起こっている市場の変化だったという。本記事では、開発の背景にある市場の変化、ソリューションの詳細、導入メリットなどについて、両社の担当者に聞いた。

LINE公式アカウントが持つCRMへの可能性

――まず、ADK-SPerの共同開発にいたった背景、市場の変化について教えてください。

久保田:現在、市場には多くの商品が送り出されており、自社商品を差別化する難易度が上昇しています。当然、新規顧客の獲得も難しくなっています。その中で、重要視され始めているのが、既存顧客を育成し、アップセルやリピートへとつなげることです。

 従来、既存顧客向けの接点としてはメールマガジンやDMが一般的でしたが、最近では生活者の接触時間が長いSNSにコミュニケーション接点を置く企業も出てきています。

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ プラットフォーム戦略局EC・デジタル販促グループ シニア・プランナー 久保田 友矢氏
株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ プラットフォーム戦略局EC・デジタル販促グループ シニア・プランナー 久保田 友矢氏

成瀬:ユニークビジョンではSNSマーケティングを支援してきましたが、久保田さんのおっしゃっている変化を同じように感じています。というのも、SNSで認知拡大を目的としたキャンペーンを仕掛ける一方、クライアント企業から「キャンペーン後も顧客との関係を築きたい」「直接購買につながる施策を実施したい」という要望をいただくことが増えています。

 その中で、顧客と関係構築できる施策・販促に繋がる施策を実施する手法として挙がったのがLINE公式アカウントの活用でした。これまで販促キャンペーンであれば、実施のたびに特設のLP(ランディングページ)の制作が必要でした。しかし、LINE公式アカウントを用いれば、日常のコミュニケーションツールとして定着しているLINEでキャンペーンを実施でき、その後の継続的なコミュニケーションも行うことができます。

ユニークビジョン株式会社 ディレクター 成瀬 萌美氏
ユニークビジョン株式会社 ディレクター 成瀬 萌美氏

久保田:LINE公式アカウントはCRMに活用できるポテンシャルが高いと思います。LINEは基本的に一対一のコミュニケーションで、デバイスを乗り換えてもIDベースで情報が引き継ぎできるので。

 ただ、LINEをCRMに活用できているのはごく少数というのが現状です。特に運用面には課題があります。たとえば、新商品が発売された場合。一斉配信でメッセージを送るといったマス的なコミュニケーションをしてしまうと読まれず、最悪の場合ブロックされてしまう可能性もあります。

 そうしたケースを防ぐためには、基本的に1人1アカウント持っているLINEの特徴を活かして、顧客にメリットを提供しつつ、データを集めパーソナライズさせていくことが大切です。

市場のニーズに応えたい ADK-SPerの背景

――両社ともにLINEをCRMに活用することに可能性を感じていたとのことですが、なぜ共同開発にいたったのでしょうか。

久保田:ADK MSでは、見込み客の獲得からファンの育成まで、顧客資本を拡大する循環を生み出すCustomer Equity Management(顧客資本マネジメント、以下CEM)を提唱しています。LINE公式アカウントでも同様に、新規獲得からその後のファン化まで、CEMファネルのすべてをサポートしていきたいと考えていました。

 ユニークビジョン様は、TwitterとLINEの認定パートナー(「Twitter Marketing Partners(Ads API Partners)」、LINE Biz Partner Program 「Technology Partner(販促・OMO部門)」)であり、SNSを活用した販促キャンペーンツールを提供しています。ADK MSの持つ運用ノウハウとユニークビジョン様のツールを組み合わせることで、一気通貫のソリューションが提供できると思い、今回共同開発にいたりました。

成瀬:我々はツールベンダーとして、開発やツール活用のノウハウはあります。一方で、運用や企画に関するノウハウは、広告会社などのほうが持っていると感じておりました。LINEでキャンペーンを実施することになると、その後のアカウント運用やデータ活用というのは課題としてあがってきます。そのため、LINE公式アカウントの運用実績を持つADK MS様と連携することで、顧客との関係性を築きながらデータを蓄積し、得られたデータを活かしたコミュニケーションを実現したいと思い、ADK-SPerの開発を進めました。

次のページ
LINE公式アカウントの集客・育成まで一気通貫できる秘訣とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ユニークビジョン株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/30 14:03 https://markezine.jp/article/detail/42346

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング