SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通とInforma D&Bが提携、企業の財務・リスク分析情報の提供サービスに説明可能なAIを活用

 6月27日、富士通は、スペインの調査会社であるInforma D&B(インフォーマ)と、戦略的提携に合意した。

 Informa D&Bは、スペインとポルトガルにおける約700万の企業の財務諸表や年次報告書、監査報告書などの様々なデータを財務やマーケティング、リスクなどの観点から分析。その結果をユーザにサービスとして提供している。

 今回の提携で両社は、Informa D&B社の膨大なデータ分析を行う同サービスに富士通の説明可能なAIを活用し、分析結果だけでなくその根拠も明示できるサービスを新たに開発することで、高い透明性と信頼性を担保したサービスの提供を目指す。

【関連記事】
サイバーエージェント、「極予測TD」をアップデート 広告見出し・説明文の組み合わせ効果の予測が可能に
トリドールHD、富士通の「AI需要予測サービス」を丸亀製麺の国内全店舗で採用 店舗運営業務の効率化へ
AWS、「生成系 AIイノベーションセンター」を発表 企業の生成AIソリューションの構築・展開を支援
NECと日本テレビ、AI音声認識技術で生放送番組に自動字幕を付与する実証を実施 認識精度は99.0%
TOWとDeNA、プロモーションにおけるAI技術の活用を推進するプロジェクトを発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/07 11:00 https://markezine.jp/article/detail/42703

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング