SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米国最大の検索マーケティング専門ソーシャルニュースサイト「Sphinn」日本版オープン

 米「Sphinn」(http://sphinn.com/)は2007年7月にオープンし、その1年後には早くも記事投稿数が60,000を突破する米国最大のサーチマーケティング・ポータルサイトに成長した。ウェブマスターを務めるDanny Sullivan氏は「Search Engine Guru(検索エンジンの開祖)」と呼ばれ、SEMブログ「Search Engine Land」の編集長、SEMカンファレンス「SMX(Search Marketing EXPO)」の議長も務め、GoogleやYahoo!と太いパイプを持つ人物。

 「Sphinn」は世界の検索マーケティング情報を集約・配信するだけでなく、「SEOmoz」のRandfish氏や「SEO Book」のAaron Wall氏、GoogleのMatt Cutts氏を含む世界中のSEO業界のエキスパートが議論に参加していることでも知られている。

 10月10日にオープンした日本版「Sphinn Japan」は、Search FOX社が米サイトを運営するThird Door Mediaと独占ライセンス契約を結んで提供。運営にあたっては、アイレップの渡辺隆広氏を筆頭に、スマートシステムの阿曽鉄之輔氏、フラクタリストの佐藤竜也氏ほか、日本のSEO業界を代表する様々なメンバーがオフィシャルユーザーとして参加する。

【関連記事】
フルスピードと光通信、SEM事業で合弁会社設立
SEO対策についての悩みを相談、Q&Aサイト「おしえて!SEOTOOLS」
アイレップ、ユニバーサル検索向けSEOが可能な「Googleマップ登録サービス」開始
米ブルースクレイが日本法人設立、日英SEOサービスを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/10 10:00 https://markezine.jp/article/detail/5661

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング