SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2010 OSAKAレポート

ネガティブワードに着目して全国区のサイトに
キーワードに込められた検索者の意図を探れ

売上への貢献度を評価するアトリビューションという考え方

 河田氏は講演の最後に、最新のトレンドとして、2つのトピックスを取り上げた。

 1つはリスティング広告の運用を効率化させるため、APIの利用が広まっていること。入札中のキーワード数が非常に多い、更新頻度が高いといった顧客には、ツールベンダーが開発した入札管理ツールを使うことが1つの手だと勧めている。さらに、大規模なWebサイトを運営している企業の中には、自社でツールを開発してAPIを活用しているところもあるという。

 例えばECサイトを運営しているのなら、商品データベースとAPIを連携させて、欠品中の商品に関連するワードの入札を停止させる、といった活用法が考えられる。あるいは新商品の取り扱いを始める時には、自動で商品名・型番・カテゴリ名で入札を開始するといったやり方もできる。

 さらには、自社サイト内での検索ログを生かし、サイト内で検索されたワードを、そのまま入札用ワードとして反映させてやるといった使い方も可能だ。

 続いて、リスティング広告の枠を超えて、アシストやアトリビューションという概念が注目されてきていると紹介した。

 リスティング広告で獲得できるコンバージョンの総数のうち、初来訪時に得られるのは3分の1くらいだという。残りの3分の2は2~3回検索して来訪した結果、ようやくコンバージョンに至ることになる。

 その時、初回と2回目以降の検索キーワードが違うことは当然あり得る。自社名ワードからのコンバージョンが多いからといってそこだけに注目するのではなく、初回にリーチしたワードが何だったのか、そもそものきっかけを評価することが重要だと訴えた。

 アトリビューションはアシストよりもさらに大きな概念。自社名ワードで初来訪時にコンバージョンが取れたとして、そのきっかけとなるアシストをしたキーワードを正しく評価することが大事であり、さらにはその検索をする意欲を引き起こしたのは新聞広告だったかもしれない。単にオンラインでのプロモーションだけに注目するのではなく、オフラインの活動も含めて貢献度をできるだけ正しく評価していく必要があるというわけだ。

 さらに、ビジネス上のゴールはコンバージョンを集めることではなく、売上につなげること。BtoB企業なら、集めた見込み顧客の情報を元に、電話でのフォローアップをして初めて売上になるケースもある。

 そうした売上に至るまでのプロセスを数値化して、一貫して貢献度を評価できるようにすること。そうすることでより精緻なマーケティング活動が可能になり、顧客との良好な関係構築にもつながり、最終的な売上が伸びてくるのではないか。河田氏はそう会場に訴えて講演を締めた。

本講演資料は無料でダウンロードすることが可能です。ダウンロードはこちらからどうぞ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2010 OSAKAレポート連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング