SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホやSNSがあるから「ひとりでもさびしくない」
バーチャルが加速させる大学生の「おひとりさま行動」

 東京広告協会は、首都圏の大学生800名を対象に、「友人関係に関する意識調査」を実施した。親友と呼べる友達がいるかどうかについては、89.9%が「いる」と回答し、その平均人数は約5人。また、授業の時だけ一緒にいる「授業友達」、テストの時だけ連絡を取る「テスト友達」など、目的によって友達がいる人も多い。

 ひとりで食事をする、ひとりで映画を観るなど、「おひとりさま」行動については、以下の図のような結果となった。「おひとりさま」行動自体が好きかどうかを聞いてみると、72.5%の大学生が「好き(計)」と回答している。

 「おひとりさま」行動しているときに、さびしい気分になるかを聞いたところ、大学生の67.3%が「ならない(計)」と回答。その理由としては、「携帯電話、スマホ等がそばにあるから」61.5%、「自分と同じようなおひとりさまをみかけるから」55.1%、「SNSを通じて友人の状況等を把握できるから」40.5%という結果に。

 スマホでSNSを開くことで、友人と常につながっている感をバーチャルに得ていることが、「おひとりさま」行動を加速させていると、同レポートでは指摘している。

【調査概要】
「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2012」
調査対象:首都圏の大学生800名
調査期間:2012年7月17日~31日

【関連記事】
「ソーシャルで彼氏・彼女とつながりたくない」8割
大学生の最新科学の情報源は「テレビ」
70%以上の企業人事が「いいね!」を押している学生を確認
20代男性の平均貯蓄額は105万円
20代前半女性の約6割がスマホユーザー サイトの利用傾向には男女で大きな差が

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/16900

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング