SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Kaizen Platform、サイト改善支援チームを提供する「特化型グロースハックチーム」開始

 Kaizen Platformは、企業のビジネスに合わせたグロースハッカーの専門チームを構成して提供する「特化型グロースハックチーム」を正式に開始した。同サービスは、グロースハッカーの専門チームがテスト設計の段階から支援を行うもの。そのため、企業側は人材採用・パフォーマンス改善チーム設立をせずに、外部にグロースハッカーのチームを持つことが可能となる。

 グロースハックチームは、Kaizen Platformに登録している1,400人以上のグロースハッカーの中から、過去の実績値などを基に基準を満たした人材が10名程度で組成される。

特化型グロースハックチーム例
特化型グロースハックチーム例

 これまで同サービスは、一部クライアントからのニーズを受けクローズドで提供をしていた。すでに10社以上で導入され、従来のツールだけの提供に比較すると3~4倍のパフォーマンスを上げ、1億円以上の発注を受けている。同社は2015年末までに同サービスを100社以上へ提供し、売上規模5億円と、グロースハッカーネットワーク登録者数を3倍に成長させることを目標に掲げている。

【関連記事】
Kaizen Platformが「日本グロースハッカー大賞」を創設
Kaizen Platform、サイバーエージェントのDMP事業と連携
ディズニー、スタートアップ支援プログラムの募集開始
LINEがファンド設立、O2O・EC・決済・メディア・エンタメ領域を支援、代表は舛田氏
世界的ソーシャルコミュニティー「Wikia」、デジタルガレージが日本展開を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/10 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21911

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング