SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(AD)

自社とYahoo! JAPANデータの掛け合わせでコミュニケーションを進化させるANAのデジマ戦略

「実現したい」熱量を持って、悩まずに前へ進む

西村:コミュニケーションは、あくまでマーケティングを展開するための手段ですから。実現したい施策が明確なら、あとは実現に向けて手を尽くすのみです。やりたいことが実現できるなら、すぐにチャレンジする。そこに時差があると、新しい施策が見つかったときに悩んでしまうので、私は常に「やりたいこと」と「できること」を一致させておきたいんです。

 また、新たな施策を進めるにあたっては、常にPDCAサイクルを回していくことが重要だと思っています。経験則にこだわらず、まずはやってみよう、という土壌はつくるようにしています。

友澤:デジタルならではの利点を活かせるスタンスですね。

西村:右肩上がりが続く施策はないので、頭打ちになる前に仕組み化して維持しながら、次の策を打つ。決断が遅いとその間に先行者メリットもなくなってしまうので、悩まずにシンプルに回したいんです。

友澤:先ほど“熱量”と言われましたが、泥臭いかもしれないけど、当人の熱量は大事ですよね。なおかつ、自分の主張に巻き込むよりも、ときには相手が発散していることに意図的に巻き込まれながら、目的に近づく方がスムーズだったりする。私は最近、実は“巻き込まれ力”が大事だと各所で話しているんです。

「一人十色」の時代、瞬間のモチベーションをどう捕らえるか

西村:なるほど、相手の主張に“巻き込まれ”ながら、うまく着地点へ誘導するようなやり方ですね。

友澤:その力が、社内だけでなく社外にも働いているから、グループ会社や我々のようなパートナー企業もドライブしているのだと感じました。

 今、CRMの意味合いがすごく広がっていますよね。以前はDMのような、自社データを使った深いコミュニケーションを指していました。これは今後も大事だと思いますが、加えて冒頭でお話いただいたANAカードの施策のように、Yahoo! JAPANで分かるユーザーの興味関心データとの掛け合わせで、潜在顧客層へのアプローチまでCRMの範疇になってきています。

西村:まさに、そこがヤフーさんとの協業の醍醐味だと思っています。リーチを確保しつつ、自社データと付き合わせれば縦に深くなる。これが大きいです。

友澤:今は「十人十色」を超えて「一人十色」と言ってもいいくらい、一人のユーザーの中にさまざまなパーソナリティーがあり、時と場合によってモチベーションも変わります。そうすると、趣味趣向や過去に見てきたものが、効果のあるターゲティングやクリエイティブを見出すのにさらに重要になると思います。

西村:同感です。現状、ヤフーさんとの取り組みでは検索など行動ベースでセグメントしていますが、今後は逆に「こういうセグメントの人がどんな行動をとっているのか」という、セグメントベースでの施策も探りたい。当然、こちらも仮説を持つことが前提ですが、そういうキャッチボールもできるといいですね。

参考リンク:Yahoo! DMP

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/09 23:53 https://markezine.jp/article/detail/22783

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング