MarkeZine(マーケジン)

記事種別

月間400万人UU、モバイル検索ポータル「エフルート」のこれから

2007/12/25 17:30

 月間400万人のユニークユーザーを誇る、モバイル検索ポータル「エフルート」を提供するエフルート株式会社。「search as content~モバイル検索の新境地~」のテーマで行われたセッションで、同社の代表取締役社長である佐藤崇氏は、エフルートの現状と今後について語った。

まだまだ不十分なケータイ検索の現状

 03年のパケット定額制スタート、06年のケータイへの検索窓の導入、そして今年に入り顕著になった「ウィキペディア」など、ウェブ2.0のサービスのモバイル参入。ケータイを取り巻く環境は日々進化している。

 「エフルートは、検索機能と情報コンテンツという、2つの情報を提供して支持を集めてきたサイト。2003年からサービスを開始し、ケータイ市場の発展とともに成長してきた」と佐藤氏は紹介。

エフルート株式会社 代表取締役社長 佐藤崇氏

 続けて「ケータイインターネットと検索の現状を考えると、ケータイページには情報がないと考えている。厳密に言えば、情報はあるがそれは有料コンテンツに集中している。だが、それらの優良な情報を的確にヒットさせる構造ができていない。さらにモバイルインターネットの世界は、各キャリアや端末でコンテンツの仕様がまちまち。よって、画一的な検索システムでは幅広いユーザーニーズを満たせない」と問題提起。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5