MarkeZine(マーケジン)

記事種別

入社後のミスマッチを減らしCV数も向上!職場を下見できるリクルート『フロム・エー ナビ』の雰囲気動画

2016/03/31 12:00

 職場のリアルな雰囲気を応募前に確認できる、アルバイト・パート求人情報サイト『フロム・エー ナビ』の「雰囲気動画」に注目が集まっている。サイトのメインユーザーであり、動画ネイティブといわれる若年層向けに仕組みを構築し、求人サイトが長く抱えてきた「求職者にとって、職場が本当に自分に合うかどうかわからない」といった問題も解決に導いている。その実態をリクルートジョブズ プロダクトプロデュース室 メディア戦略部 メディア戦略グループ マネージャーの染谷崇裕氏、プロダクト開発室 カスタマウェブ開発部 カスタマウェブ開発2グループ マネージャーの鹿島拓也氏に取材した。

若年層向けWeb求人メディアへとシフトした『フロム・エー ナビ』

 『フロム・エー ナビ』は、主にアルバイトやパートの求職者に対して情報提供しているWebサイトだ。もともとは『フロム・エー』という紙メディアとして、コンビニ等で販売されていたが、2009年3月に休刊。『フロム・エー ナビ』は2002年にリリース後、紙メディアからのシフトを進め、現在ではWebサイトとスマートフォンアプリで展開している。ユーザー層は10代から20代の学生やフリーターがメインだ。上記のユーザー層をターゲットとしていることもあり、PCよりもスマートフォンからの閲覧が高い割合を占めている。

アルバイト・パート求人情報サイト『フロム・エー ナビ』

 提供元であるリクルートジョブズの鹿島氏は、『フロム・エー ナビ』のWebサイトおよびアプリの開発グループを統括。染谷氏は、『フロム・エー ナビ』を含めた各メディアの戦略構築を担当するグループを統括している。

 まず、『フロム・エー ナビ』のデジタルマーケティング戦略について尋ねた。すると、最新のテクノロジーを導入するだけではなく、オンライン・オフライン問わず過去に成果が出た施策とテクノロジーを掛け合わせて、よりよい成果につなげることを重視しているという。そして、今まで提供できていなかった情報を提供することをゴールとしている。

旧来の手法で伝わらない「雰囲気」、課題解決策は動画にあり

リクルートジョブズ プロダクトプロデュース室 メディア戦略部 メディア戦略グループ マネージャー 染谷崇裕氏
プロダクト開発室 カスタマウェブ開発部 カスタマウェブ開発2グループ マネージャー 鹿島拓也氏

 今回紹介する「雰囲気動画」の雰囲気とは、実際に働くバイト先の職場の雰囲気のこと。求職者がバイトを選ぶ際に重視するポイントだが、情報量が多く、テキストや画像で構成された求人原稿のみではユーザーに伝えにくい情報だった。しかし、動画という情報伝達手段を使えば、雰囲気も伝えられるのではないかと考えたのが発端だという。

 「テクノロジーはただの手段でしかありません。動画が新しいからやってみようと始めたわけではなく、求職者の方と求人企業を精度高くマッチングするには動画がベストな手法だと考えました」(染谷氏)

 また、サービス構築の背景には、「従来の求人原稿では、職場の本当の雰囲気がわからないという、求職者から寄せられる声がありました」と染谷氏は語る。

 「ユーザーに、求人原稿に関する調査を行ったところ、本当に自分に合うかどうかわからないという声を多くいただきました。これは、最近の傾向というのではなく、私たちが学生時代にアルバイトをしていた頃から多く挙がっており、解決が必要だった課題だと思うのです。

 応募前に正確なイメージを抱けない結果、面接に行ったり、実際に働いたりした際に、イメージとのギャップが発生してしまう。そのまま退職に繋がるケースもあります。それを避けるために、アルバイト先にわざわざ下見に行く場合もあるようです」(染谷氏)

 そこで課題解決のためにリクルートジョブズが導入したのが動画だ。動画はYouTubeやソーシャルメディアの浸透をきっかけに、若年層に受け入れられていると考え、同社はテストマーケティングを始めた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5