SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェルネス・ヘルスケア領域に特化した人工知能研究所「FiNC Wellness AI Lab」設立

 モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCは、東京大学松尾研究室の松尾豊准教授とともに、8月18日より「FiNC Wellness AI Lab(FiNC Wellness 人工知能研究所)」を設置した。

 同社は、同研究所の設立により、人工知能の新たな知見と技術の創出と、FiNCの蓄積してきたヘルスケアデータの統合・解析を加速させ、ウェルネス、ヘルスケア領域でのさらなる利活用を図る。また、基礎技術の開拓を進め、食品・保険・医療など幅広い分野で活用するための活動基盤の構築、及び協業体制の強化にも注力していく。

 ウェルネス、ヘルスケア業界では、ライフログや健診データ等の様々なヘルスケアデータの統合・解析、複合的なデータを活用したソリューション提供が課題とされてきた。そのなかでFiNCは、機械学習をはじめとする人工知能技術よるヘルスケアデータの蓄積及び、研究開発を進めてきた。今回の取り組みにより、技術開発とその利活用をさらに進めていく。

【関連記事】
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携
DeNAとPFN、人工知能技術を用いたソリューションを提供する合弁会社PFDeNAを設立
大塚製薬と日本IBM、Watsonを使ったデジタルヘルス・ソリューション事業の合弁会社設立
アクセンチュアとアドビ、ライフサイエンス・ヘルスケア・金融事業者のデジタル変革を推進
DeNAと味の素、「未病」テーマにへルスケアの実証事業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/19 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25025

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング