SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

【特集:LINE活用】パートナー企業が語るビジネスへの影響と進化(PR)

CSとマーケのエコシステム構築へ 「AI Messenger」の活用法から探るチャットボットの可能性

 ここ数年で、チャットボットサービスは急激に増加した。そんな中「LINE カスタマーコネクト」をはじめ、多くの外部ソリューションと連携したチャットボットサービスを提供しているのが、株式会社AIメッセンジャーだ。同社のチャットボットサービス「AI Messenger」では、カスタマーサポートだけでなく、LINEを通じたマーケティングへも活用の幅を広げている。LINEにおけるデータを活用した「人」単位での双方向のコミュニケーションなどについて、同社 取締役社長 石川氏と開発責任者の横道氏に伺った。

開発から運用サポートまでワンストップでサービスを提供

(左)株式会社AIメッセンジャー 代表取締役社長 石川大輔氏
(右) 株式会社AIメッセンジャー 開発責任者 横道稔氏

――株式会社AIメッセンジャーは昨年、チャットボットサービス「AI Messenger」をリリースしました。「AI Messenger」は外部サービスとの連携や新機能の追加などにより、サービスの領域を拡大し続けています。今回は主に「LINE カスタマーコネクト(以下、カスタマーコネクト)」との連携で生まれるメリットについて、株式会社AIメッセンジャー 代表取締役社長 石川大輔さんと、同社 開発責任者の横道稔さんにお話しを伺いたいと思います。初めに「AI Messenger」のサービス概要を教えてください。

石川:「AI Messenger」はAIを活用したチャットボットサービスです。特長は、会話エンジンの開発からチャットセンターの運営、インターフェースの管理、運用など一連のサービスを自社で提供しているところです。

 昨今、チャットボットサービスが急増していますが、その多くは会話エンジン開発のみであったり、管理画面の提供のみというように、部分限定的なサービスにとどまっています。弊社ではクライアントのニーズに応え、常に運用の精度を向上できるよう一気通貫でサービスを提供しています

――ワンストップでのサービスが提供できるのは、御社の組織体制などに強みがあるからでしょうか?

横道:そうですね。特に、コンサルティングを行う部隊を設けていることは大きな強みです。チャットボットを導入したものの「どう使えば良いかわからない」というお客様は少なくないので、こうしたサポートも含めて総合的なソリューションを提供できる点は、組織体制を整えている弊社ならではの特長だと思います。

コミュニケーションのパーソナライズ化へ

――企業は「AI Messenger」の活用により、どのようなメリットが期待できますか?

石川:「コスト削減」と「マーケティング」の部分で、大きな利点があります。まず、コスト削減については、チャットやAIを取り入れることでコールセンターの人員を削減することができますので、コストの削減が実現します。

 ただ、「AI Messenger」を導入したら、すぐに業務負担が減りコストがカットできるわけではありません。ユーザーにとっては、電話よりもLINEで問い合わせるほうがハードルが低いので、導入後は問い合わせが増加します。今まで問い合わせをしてこなかった「サイレントカスタマー」が、存在を現し始めるのです。

 それからAIが問い合わせの内容を学習していきますので、チャットで自動応答できる問い合わせが増えていきます。そうして結果的に、1人分、2人分と業務負担が減っていきます。

――問い合わせに対して、チャット上でAIはどのように応対するのでしょうか?

横道:基本的には、問い合わせの内容に対して、AIが選択肢を表示しながら問題の解決へ誘導していきます。たとえば、ユーザーが悩みながら考えた長文に、AIが「そうですか」と一言で返してしまうのは、ユーザーに申し訳ないですし、そういった対応は避けたいですよね。ですので、チャットではインタラクティブであることを重視し、ユーザーがどのように入力すれば良いかわかるようにコントロールしています

――「マーケティング」で活用する場合は、どのような利点が考えられますか?

石川:LINE ビジネスコネクト(以下、ビジネスコネクト)」を活用している企業の場合、ビジネスコネクトで獲得したデータも、「AI Messenger」で利用することができます。つまり問い合わせへの応答だけでなく、企業からパーソナライズされたコミュニケーションを仕掛けることが可能になるのです。

 たとえば、ビジネスコネクトではLINE IDと企業の会員IDを連携させることができます。この2つを連携させると、ユーザーが購入した商品などがわかります。「先週はお水をご購入いただき、ありがとうございました」などというように、企業の方からユーザーにメッセージを送信することができるのです。人単位でコミュニケーションができることは、マーケティングにおいて大きな可能性をもたらすと考えています。

次のページ
プッシュメッセージでユーザーを口説き落とす!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集:LINE活用】パートナー企業が語るビジネスへの影響と進化連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松崎 美紗子(編集部)(マツザキ ミサコ)

1995年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。新入社員として、日々奮闘中です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/17 10:00 https://markezine.jp/article/detail/27617

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング