MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LINE@のサポートに特化したプロ集団、顧客の期待に応えるチーム体制とは

2018/03/23 10:00

 50ほどのLINE@正規代理店のうち、札幌を拠点に北海道の企業を支援しているのが、デイリー・インフォメーション北海道だ。クライアントへの手厚いサポートに強みを持ち、今期から全国にあるグループ会社の案件もフォローするLINE@専用サポートデスクを設置して、さらにきめ細やかな対応に注力していく。LINE@を立ち上げ当初から担当する間宮和斗氏に話を聞くと、効果を最大化する同社ならではのノウハウと独自の工夫が見えてきた。

専門チームで運用開始後も手厚くフォロー

MarkeZine編集部(以下、MZ):「LINE@」は、飲食店や流通小売店、美容サロンなど中小規模の事業主の販促施策に広く使われていますね。その正規代理店である御社の業務についてお教えください。

間宮:当社はデイリー・インフォメーショングループの1社として、観光による地域活性化をテーマに企業のプロモーションを支援している総合広告代理店です。私はその中で、主に「LINE@」、「食べログ」、旅行ガイドの「るるぶ」の扱いを統括する事業部に所属しています。各媒体とのやり取りとともに、クライアントのサポート業務を担当しています。直近では専門チームとしてサポートデスクを立ち上げて、クライアントの要望への細かな対応に力を入れています。

株式会社デイリー・インフォメーション北海道 オンラインソリューション事業部 課長 間宮和斗氏
株式会社デイリー・インフォメーション北海道 オンラインソリューション事業部 課長 間宮和斗氏

MZ:サポートデスクとして専任スタッフを置いている代理店は、あまり多くないのではないかと思います。

間宮:サポートデスク専任スタッフを配置している代理店は珍しいとLINEの方からも聞いています。当社が扱ういくつかの媒体のうち、LINE@は特に、継続して使っていただいてはじめて効果が上がるものだと思っています。ですので、新規で受注したから終わりではなく、その先の運用こそが大事だという考えが前提にあります。

 弊社デイリー・インフォメーショングループでは、顧客の期待に応え、LINE@の効果を実感してもらうために、LINE@のサポートに特化したプロ集団としてのサポートデスクを北海道に設立し、グループ企業間の垣根を越え、すべてのお客様に丁寧なサポートを提供できるようにしています。

デイリー・インフォメーショングループのサポートデスク
デイリー・インフォメーショングループのサポートデスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5