SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

IDOMに学ぶ、少数精鋭・ビギナーでも、検索流入からのCV数を2倍にするコンテンツマーケティング

 中古車の買取・販売事業を展開するIDOMは、コンテンツマーケティングに注力している。一時は大幅な検索順位の下降に見舞われたが、徹底して顧客視点のコンテンツを制作し続け、売り上げに直結する検索流入経由のコンバージョンが増えているという。専任担当者1名という運営体制を支えているのは、Faber Companyと同社の提供するSEOプラットフォーム「MIERUCA(以下、ミエルカ)」だった。本記事では、IDOMとFaber Companyの担当者に、成果の出るコンテンツマーケティングのポイントを聞いた。

検索結果が大幅ダウン!コンテンツ施策を強化したワケ

 「中古車売買サービスのガリバーは、店頭契約を最終コンバージョンとしています」と語るのは、同サービスを運営するIDOMのマーケティングチームに所属する三井紀子氏。三井氏は、ガリバーのサービスサイトである「221616.com」のコンテンツ施策を担当している。

IDOM 三井紀子氏
株式会社IDOM マーケティングチーム デジタルマーケセクション 三井紀子氏

 全国に店舗を持つガリバーへの来店は、直接来店が4割なのに対し、オンライン経由の予約来店は6割にのぼる。この予約来店数とここから生まれる利益を上げることが、三井氏が所属するデジタルマーケセクションのミッションだ。

 サイトへの流入は、業界のビッグワードである「買取」「査定」というキーワードの検索からがメイン。それゆえSEOには力を入れていたのだが、コンテンツの質にフォーカスしたとされる検索アルゴリズムの変化にともない、2016年春頃から検索結果の順位が大幅に下がってしまったという。

 その検索順位低下は、大幅なサイトリニューアルを進めていた矢先のことだった。IDOMはSEOをより意識したサイトリニューアルが必要だと考え、抜本的なSEOの改革を検討することになった。

 「やはり『中古車といえばガリバー』というブランディングへ立ち戻ろうと、コンテンツマーケティングを強化する方針になりました。現在もオンライン施策として、リスティング広告・アフィリエイト広告など幅広く展開していますが、利益率で見ると自然検索経由のコンバージョンが最も高いのです。ビジネスのさらなる成長の一手として、コンテンツやオウンドメディアの強化は必然でした」(三井氏)

Web未経験からコンテンツ制作の担当者へ

 しかし先に説明した検索アルゴリズムの変化にともない、既存のコンテンツは検索上での評価が落ちてしまい、コンバージョンにつながらないという状況だった。コンテンツがユーザーの検索意図に応えられていなかったのである。

 そこで、IDOMのSEO施策支援を担当していたFaber Companyの井上憲作氏は、IDOM社内で検索意図に応えられるコンテンツ制作体制の構築を提案した。

 株式会社Faber Company 井上憲作氏
株式会社Faber Company カスタマーサクセスチーム
エバンジェリスト SEOエキスパート 井上憲作氏

 「お客さまとサービスを一番理解しているのは、クライアントご自身です。質の高いコンテンツを提供するためにも、インハウスでの制作をお勧めしました」(井上氏)

 しかしIDOMでは、コンテンツ制作の知見がないという状況。当時、Web未経験でマーケティングチームへ異動してきたばかりの三井氏が担当となり、井上氏をはじめとしたFaber Companyのチームと二人三脚でコンテンツ制作の体制作りからスタートした。

次のページ
コンテンツマーケ強化に必要なソリューションとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/26 11:26 https://markezine.jp/article/detail/27912

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング