SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

西口一希と考えるマーケティング視点の経営

「PLを持ち、重圧と戦った経験がCMOやCDO候補を育てる」スマニュー西口×LDH長瀬対談

 本連載では、スマートニュースの西口一希氏が経営者やCMOなどマーケティングそしてビジネスの最前線で活躍する人物を訪ね、「マーケティング視点の経営」についてディスカッションする。今回は、日本ロレアルのCDOとして同社のデジタル意識の改革を推進し、今年LDH JapanのCDOへと転身した長瀬次英氏がゲストに。後編では、LDHへの参画理由と長瀬氏のキャリア、そしてCDOになるために不可欠な要素を掘り下げる。

CDOという役職の幅を広げたい

LDH JAPAN執行役員 兼 CDO 長瀬次英氏(写真左)スマートニュース 執行役員 マーケティング担当 西口一希氏(写真右)
LDH JAPAN執行役員 兼 CDO 長瀬次英氏(写真左)
スマートニュース 執行役員 マーケティング担当 西口一希氏(写真右)

西口:前編では、長瀬さんが考えるCDOとCMOの違いやロレアルでの改革についてうかがいました。やるべきことを終えたからロレアルを出た、というお話がありましたが、具体的に次のステージとしてLDHを選んだ理由はなんだったのですか? 元々つながりがあったのでしょうか。

長瀬:そうですね、縁あって少し前から相談を受けたりはしていたのですが、転職を考え出したタイミングでぜひ、と言ってもらって。面接という形ではないですが、HIROさんや経営陣と話す機会を何度ももらって、僕がいちばん重視している“現場”となによりも“ファン”をLDHもすごく大事にしていることがわかったので、それが決め手ですね。

 現場が大事、ファンが大事だと、経営からアーティスト一人ひとりまで肌感覚で理解している。僕がCDOとしていちばん楽しいのは、顧客を知っていくことなので、それを皆で進めていけると思いました。加えて、CDOという役職の幅を広げたかったので、LDHならエンタメも飲食もファッションもあるから、横の知見も貯められるな、と。

西口:そういうお考えもあったんですね。

長瀬:はい。昨年設立された一般社団法人CDO Club Japanにもメンバーの一人として携わっているんですが、やはりCDOがどういう領域で手腕を発揮できるのか、成功を導けるかを示さないといけないと思っているので、そのチャレンジとしてLDHを選んだという理由もあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
デジタルの波に乗れないCEOとCMO

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
西口一希と考えるマーケティング視点の経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

西口 一希(ニシグチ カズキ)

1990年 P&G入社 ブランドマネージャー マーケティングディレクターを歴任。日本と韓国において初のショッパーマーケティングを創設。2006年 ロート製薬 執行役員マーケティング本部長に就任。『肌ラボ』『OXY』『オバジ』『50の恵』『デ・オウ』等 60以上のブランドを統括。2015年 ロ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/21 08:00 https://markezine.jp/article/detail/29846

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング