MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ユーザーの「買い物行動圏」に応じたバナーを配信!クックパッドと凸版印刷が新たな広告商品を共同開発

2019/03/05 07:30

 クックパッドと、凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、Shufoo!DMPを活用した新たな広告商品「Shufoo!ターゲティングバナー」の提供を開始した。

 Shufoo!DMPは、凸版印刷が「Shufoo!」で保持するデータを分析し、ターゲットをセグメントするシステム。同システムは、ユーザーが「どのエリアの、どの店舗のチラシを閲覧したか」のデータを蓄積・分析することで、買い物をする可能性が高い「日常買い物行動圏」を予測する。

 今後クックパッドでは、この予測データを活用し、買い物をするエリア内の店舗で購入可能な商品を使ったレシピなどのバナー広告を配信していく。

クックパッドでのバナー箇所イメージ

 なお、同広告商品のリリースに先立ってクックパッドは、味噌を中心とした食品メーカーであるマルコメ協力のもと2018年8月20日~9月17日にかけて実証実験を行った。同実験では、マルコメの販売チェーン店が「日常買い物行動圏」を持つ「Shufoo!」ユーザーに対し、クックパッド上でレシピを使った広告を配信。その結果、CTR(広告クリック率)は約10%上昇し、来店者数は広告配信前に比べて約17%向上した(※クックパッドのスマートフォンWebページの平均CTRと比較)。

【関連記事】
クックパッド、パナソニックと共同開発を開始 「新しい料理体験」創出を目指す
生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」のiOSアプリがリリース
クックパッド、料理のイベント検索・予約サービス「クックパッド・ドゥ!」の提供を開始
SNS感覚で店舗をPR!凸版印刷の「Shufoo!」、中小事業者向けプランがWeb申し込みに対応へ
DACの「AudienceOne」、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」のDMPと連携開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5