SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング

「マーケティング部も 営業部も存在しません」全社を巻き込むCX推進部がイーデザイン損保の経営を動かす

 主力商品である、共創する自動車保険「&e(アンディー)」が、『NEW よい保険・悪い保険2024 年版』の自動車保険ランキングで第1 位を獲得したイーデザイン損保。縦割り組織の業務領域をまたいだ取り組みを行う同社CX 推進部のアシスタントマネージャー松本俊平氏に、経営戦略におけるマーケティングのあり方を聞いた。

※本記事は、2024年4月刊行の『MarkeZine』(雑誌)100号に掲載したものです

【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング

「競争」から「共創」へ 日本マーケティング協会の新定義が示す、これからのマーケティングのあり方
5つの柱でお客様の期待を超える マーケティングとイノベーションを実現する
1年で大きく進化し「生活者に近づいた」味の素のマーケティング 新組織設置の狙いとその成果を聞く
─ 「マーケティング部も 営業部も存在しません」全社を巻き込むCX推進部がイーデザイン損保の経営を動かす(本記事)
目指すは「シェアNo.1」ではなく「唯一無二」、花王がマーケティング戦略を変えた背景
「良いコンテンツを作れば自然と広がる仕組み」を目指して──「ABEMA」の経営とマーケティング
苦境から回復、さらには飛躍を目指して。「お客様の実感価値」の解像度を上げるJTBのマーケティング
生活者インサイトを捉えて新たな文化・市場を創造する 資生堂においてマーケティングが果たす役割
セブン-イレブン・ジャパンがマーケティング本部を新設 加盟店も含めた全社の“ハブ”を目指して
「ファッションの『こと』ならZOZO」というイメージ醸成を目指す、ZOZOの戦略と取り組み
常識破りの戦略で圧倒的な成長を。「KANDO(感動)ドリブン」で駆け上がっていくトリドールの構想
価値の源泉を見出して社内にバトンをつなぐ 購入者と喫食者に向き合うニチレイのマーケティング
「マーケティングの担う領域にボーダーラインは引かない」日産の経営を支えるパーパスドリブンな戦略と組織
逆境から変革を成し遂げた富士フイルムグループ、パーパスを原動力にしたさらなる進化に向けて
6,200万ユーザーが利用するPayPay、既存ユーザーの推奨とLTV向上で更なる成長を
唯一無二の商品で他社との差別化を図る三井住友カード 「老舗なのに新しい」企業イメージを育む
目指すはMAU4,500万。メルカリの成長に欠かせない「海外需要の獲得」「特定カテゴリーの成長」
楽器や音楽への知見を体験に転換し、新たな強みとする。ヤマハの「Make Waves」
「OMOの推進」と「若年層の獲得」を着々と進めるユナイテッドアローズの構想
リクルートに聞く、経営とマーケティングの近接性。カギはボトムアップ型の組織
ROI重視で経営のプレゼンスを高める! 売上拡大を続けるSansanのマーケティング
全社横断のマーケティング組織でDX支援を強めるNECの進化
マーケターがやるべきは「マーケティング」だけではない。パナソニックコネクト、企業変革のドライバー

3つのPとイノベーションを担う経営の大きなドライバー

――イーデザイン損保では、経営活動や全社におけるマーケティング組織の果たすべき役割やもたらす価値について、どのように考えていますか?

 一般的にマーケティングの役割や価値は、広告・宣伝・広報などの機能的な部分であると考えられがちですが、弊社のマーケティングを担うCX推進部は、売上を作り会社を引っ張っていく、会社の中心にいる存在です。経営を動かす、大きなドライバーであると考えています。

 弊社はお客様のダイレクトなサイト訪問・ご契約がメインのチャネルであるため、いわゆる営業部はありません。保険の商品開発については、知識を要するため専門部署が担いますが、プロモーション、アプリやWebサイトの開発・運営、代理店との調整など、全社の関係部署を巻き込み連携していく役割のすべてをCX推進部は行っています。

イーデザイン損害保険株式会社 CX推進部 アシスタントマネージャー 松本 俊平(まつもと・しゅんぺい)氏
2020年にイーデザイン損害保険株式会社に入社。2023年より現職。共創する自動車保険「&e」におけるWebやアプリなどの顧客接点を横断した施策の企画・実行をリードし、顧客体験価値の向上とともに新規顧客獲得を目的としたプロモーションに取り組む。

 つまり、マーケティング4Pのうち、プロダクトを除く3つのPを担っているということです。さらに、テクノロジー活用や新たなサービスの構築など、保険のあり方を変えるようなイノベーションの取り組みも担います。

 顧客体験を第一に考える「共創する自動車保険&e(アンディー)」の開発にあたり、全社横断組織として「CX推進グループ」が設置され、それがCX 推進部の前身になっています。「&e」が徐々に主力商品へと成長していく中で、「トップラインではなく、その手前にあるお客様体験をKGIにして活動する」ことが全社で重視されるようになった結果、マーケティング部とCX推進グループを再編し、CX推進部と変更した経緯があります。

カスタマーファーストとパーパスの2つを起点にする

――CX推進部として考える、マーケティング戦略の大枠を教えてください。

 常に中心はお客様、カスタマーファーストです。お客様の体験価値を上げることが売上につながり、最終的には再びお客様に還元されるという考え方が念頭にあります。同時に、企業として存在価値や独自性を表す観点で、パーパスドリブンも重要なテーマです。弊社の掲げるパーパスは「事故のない世界をつくる」。本来保険会社は事故に遭った際のサポートをする存在ですが、それ以前にそもそも事故に遭わない世界、保険が使われないような世界を作っていくことが重要なのではないかと考えました。

 その実現のためにどのようなサービスができるかを突き詰め、実践した成果として良いサービスが生まれ、その先に契約数の増加や継続の促進があるのです。このようにカスタマーファーストとパーパスドリブンが同時に回ることが大切です。

 パーパスを重要視する考えは、マーケティングコミュニケーションのトンマナにも表れています。たとえば「&e」のテレビCM。従来ではいわゆる不安訴求の多かった内容を「そもそも事故に遭わないように」というトーンにしています。このように訴求内容とパーパスが一気通貫することで、お客様から共感を得て、選んでいただける理由となると考えています。

――近年注力されてきた具体的なお取り組みについて教えていただけますか。

 CX推進部はこの1年間にチームを横断した100の施策を行い、「&e」の顧客体験価値を上げていくことに注力しました。CX推進部はチャネルごとにチームが分かれていますが、お客様は各チャネルを行ったり来たりすることになります。

 そのため、各チームのコミュニケーションに相違はないか、お見合いになっているものはないか、あるチームの課題を他のチームがクリアできないかといった横軸の目線で、お客様の不安や不快な点を解消する取り組みを行っています。

 具体例の1つとして、アプリのチームとメールのチームで横断して協力し、アプリストアにおける評価を高めた取り組みがあります。どのようなお客様が良い体験をしたかを分析し、該当するお客様にアプリのレビューをお願いするメールを送るといった施策を積み重ね、約1年をかけて評価を改善しました。

――どのような分析をされたのでしょうか? こうした調査で意識している点はありますか?

 デプスインタビューで得た情報や、ログデータなどからのお客様の行動履歴、アプリの満足度アンケートなどを活用しています。意識しているのはこれらの組み合わせ方です。

 デプスインタビューの回答は有用性が高いですが、お相手の「記憶」に基づいた調査ですので、「聞かないと出てこないこと」「覚えていないと出てこないこと」があるという弱点があります。そのため前段階にログデータを活用します。Webで操作している時間が長い箇所など、契約時のお客様の具体的な行動や状況を見て仮説立てを行い、デプスインタビューやアンケートなどの定性調査の対象の選定や質問作りに活かすのです。定量データで絞ってからN1に向き合うことで、どういった行動が、高い満足度につながるのかを効率良く分析しています。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

5/31 17時まで!初月1円キャンペーン中

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
人材育成は「共有する文化」と「コンピテンシー」を重視

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/17 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45337

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング