SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング

「OMOの推進」と「若年層の獲得」を着々と進めるユナイテッドアローズの構想

 ECのリニューアルやロイヤルティプログラム「UAクラブ」のリリースなど、着実にDXとOMOの推進を行ってきたユナイテッドアローズ。本記事では、中期経営計画の主要戦略にデジタルを掲げる同社が描くマーケティングの構想や直近の取り組みを聞いた。

※本記事は、2024年4月刊行の『MarkeZine』(雑誌)100号に掲載したものです

【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング

「競争」から「共創」へ 日本マーケティング協会の新定義が示す、これからのマーケティングのあり方
5つの柱でお客様の期待を超える マーケティングとイノベーションを実現する
1年で大きく進化し「生活者に近づいた」味の素のマーケティング 新組織設置の狙いとその成果を聞く
「マーケティング部も 営業部も存在しません」全社を巻き込むCX推進部がイーデザイン損保の経営を動かす
目指すは「シェアNo.1」ではなく「唯一無二」、花王がマーケティング戦略を変えた背景
「良いコンテンツを作れば自然と広がる仕組み」を目指して──「ABEMA」の経営とマーケティング
苦境から回復、さらには飛躍を目指して。「お客様の実感価値」の解像度を上げるJTBのマーケティング
生活者インサイトを捉えて新たな文化・市場を創造する 資生堂においてマーケティングが果たす役割
セブン-イレブン・ジャパンがマーケティング本部を新設 加盟店も含めた全社の“ハブ”を目指して
「ファッションの『こと』ならZOZO」というイメージ醸成を目指す、ZOZOの戦略と取り組み
常識破りの戦略で圧倒的な成長を。「KANDO(感動)ドリブン」で駆け上がっていくトリドールの構想
価値の源泉を見出して社内にバトンをつなぐ 購入者と喫食者に向き合うニチレイのマーケティング
「マーケティングの担う領域にボーダーラインは引かない」日産の経営を支えるパーパスドリブンな戦略と組織
逆境から変革を成し遂げた富士フイルムグループ、パーパスを原動力にしたさらなる進化に向けて
6,200万ユーザーが利用するPayPay、既存ユーザーの推奨とLTV向上で更なる成長を
唯一無二の商品で他社との差別化を図る三井住友カード 「老舗なのに新しい」企業イメージを育む
目指すはMAU4,500万。メルカリの成長に欠かせない「海外需要の獲得」「特定カテゴリーの成長」
楽器や音楽への知見を体験に転換し、新たな強みとする。ヤマハの「Make Waves」
─ 「OMOの推進」と「若年層の獲得」を着々と進めるユナイテッドアローズの構想(本記事)
リクルートに聞く、経営とマーケティングの近接性。カギはボトムアップ型の組織
ROI重視で経営のプレゼンスを高める! 売上拡大を続けるSansanのマーケティング
全社横断のマーケティング組織でDX支援を強めるNECの進化
マーケターがやるべきは「マーケティング」だけではない。パナソニックコネクト、企業変革のドライバー
唯一無二のユニークネスを顧客起点で事業に繋げる富士通、パーパス起点の事業変革×マーケティング

OMOの推進と若年層の獲得に注力

──最初に御社が中長期の目線で重要視しているテーマを教えてください。

 ユナイテッドアローズの中期経営計画では3つの主要戦略のうちの1つにデジタルを掲げており、デジタルを中心に据えた戦略をとっています。デジタルの中でもマーケティング領域で重要視しているのはOMOの推進で、店舗とECどちらでも購入いただき、LTV(生涯顧客価値)を高める取り組みに力を入れています。

 また、これまでの主要顧客は30代から40代が中心でしたが、店舗の顧客単価を見ると20代の支出額も多く、購買人数はまだ伸びしろがあることが見えているので、若年層の方とコミュニケーションをとり、新たな関係性を築くことにも力を入れていきます。

株式会社ユナイテッドアローズ OMO本部本部長 岩井一紘(いわい・かずひろ)氏 ダイレクトマーケティング、デジタルマーケティングのコンサルティング業務に従事。2012年よりシャトレーゼにて販売企画部を管轄。デジタルマーケティングや事業開発などを行う。2021年からは富澤商店にてマーケティング部を立ち上げ、ブランド開発、コミュニケーション領域の事業開発を行う。現在ユナイテッドアローズのデジタルマーケティング部門を管轄。OMO戦略を推進。
株式会社ユナイテッドアローズ OMO本部本部長 岩井一紘(いわい・かずひろ)氏
ダイレクトマーケティング、デジタルマーケティングのコンサルティング業務に従事。2012年よりシャトレーゼにて販売企画部を管轄。デジタルマーケティングや事業開発などを行う。2021年からは富澤商店にてマーケティング部を立ち上げ、ブランド開発、コミュニケーション領域の事業開発を行う。現在ユナイテッドアローズのデジタルマーケティング部門を管轄。OMO戦略を推進。

──御社はこの数年でECのリニューアルや新しいロイヤルティプログラム「UAクラブ」のリリースなど、着実にデジタル化を推進してきました。現時点で得られている成果はありますか?

 コロナ禍でDXを推進し、CRMの取り組みも強化してきた結果、2023年に離反戻りが増えました。コロナ禍の影響が弱まりファッションへの支出が増えた要因もあると思いますが、デジタル上でコミュニケーションを続けたことの成果だと捉えています。

──離反してしまったお客様を引き戻すためにどのような施策を実施していたのでしょうか?

 ユナイテッドアローズが大切にしていることを中心に据えてコミュニケーションをとっていました。たとえば、リサーチで競合他社に比べて旅行やレストランに行くときの服としてユナイテッドアローズの想起率が高いことがわかりました。

 品のある格好でおしゃれをして出かけたいオケージョンが来ると想起してもらえているので、その想起率を高められるよう、ラグジュアリーなホテルで撮影したスタイリング写真をSNSで投稿したり、UAクラブの会員向けのメールで配信したりと、細かくコミュニケーションをとるようにしています。MA(マーケティングオートメーション)も活用して最適化しているので、メルマガの開封率も高いです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

5/31 17時まで!初月1円キャンペーン中

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
スタッフの力を活かし、ECコンテンツを拡充

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/16 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45484

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング