SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング

価値の源泉を見出して社内にバトンをつなぐ 購入者と喫食者に向き合うニチレイのマーケティング

 メーカー各社の企業努力により、近年クオリティが飛躍的に高まった冷凍食品。おいしさと利便性の両立に加え、単身世帯の増加や働き方の多様化などの社会背景により「仕方なく選ぶもの」から「積極的な選択肢」として生活者に受け入れられている。活況な市場において選ばれ続けるための工夫とは? ニチレイフーズの奥村剛飛氏にうかがった。

【期間限定無料公開】この記事はプレミアム記事(有料)です。本来ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要ですが、2024年6月5日(水)~19日(水)の間、期間限定で無料公開しています。この機会にぜひ、プレミアムなMarkeZineのサービスをお楽しみください。MarkeZineプレミアムにご契約いただくと、すべての有料記事が読み放題になります。

パーソナルユースという新しい価値

──2022年度から2024年度までの3年間を対象とするグループ中期経営計画「Compass Rose 2024」において、掲げているテーマや重視している項目を教えてください。

 事業活動を通じて「社会課題の解決」を図り、企業の持続的な成長を目指しています。これはニチレイグループが展開する加工食品事業、水産・畜産事業、低温物流事業、バイオサイエンス事業のすべてに共通したテーマです。

株式会社ニチレイフーズ 広報部長 兼 ライン&マーケティング 戦略部 マーケティング部長 奥村剛飛(おくむら・ごうひ)氏 1997年ニチレイ入社。中部支社、九州支社、全国広域営業などのセールス経験を経て、本社にて商品の企画・開発やマーケティング担当&マネジメントに携わる。2017年マーケティングチームリーダー、2019年ブランド推進部広報グループリーダー、2020年経営企画部付部長を経て、2022年にマーケティング部長。2024年4月より現職。
株式会社ニチレイフーズ 広報部長 兼 ライン&マーケティング戦略部 マーケティング部長 奥村剛飛(おくむら・ごうひ)氏
1997年ニチレイ入社。中部支社、九州支社、全国広域営業などのセールス経験を経て、本社にて商品の企画・開発やマーケティング担当&マネジメントに携わる。2017年マーケティングチームリーダー、2019年ブランド推進部広報グループリーダー、2020年経営企画部付部長を経て、2022年にマーケティング部長。2024年4月より現職。

 グループ内で加工食品事業を展開する当社の基幹事業が冷凍食品です。使いたい分だけ使うことができ、無駄なゴミが出ない冷凍食品は、環境配慮の面から考えても今後注目されていくでしょう。そこで、マーケットのさらなる拡大に向けて「持続可能なサプライチェーンの構築」と「新たな価値の創造」を戦略の柱として掲げています。

 持続可能なサプライチェーンの構築において対象としているのは、世界的に需要が高いチキン類と、日本人に馴染みが深い米飯類です。チキン類については、コロナ禍で供給が分断されたことをきっかけに、天災や地政学リスクなどの外部要因に負けない仕組みづくりを目指しています。具体的には生産拠点の増強や新たな機械の導入などです。米飯類に関しては、マーケティング部で独自の仮説を立てています。今後は米を「炊く時代」から「選んで買う時代」にシフトしていくという仮説です。米の消費量は減少傾向にあるものの、加工米飯の生産量は年々増加傾向にあるためです。

 インフレが進む中、お客様に継続して商品を購入いただくためには新たな価値の創造も不可欠です。当社が考える新たな価値とは、単身・少人数世帯の増加や在宅勤務の普及などによってニーズが高まっている個食麺などの「パーソナルユース」のほか、下ごしらえされた食材やタレなどをセットでお届けする「アッセンブル商品」、そして普段の食事で健康を目指せる「おいしく健康」の3つです。

──新たな価値の創造に対して、マーケティング部は具体的にどのような形で携わっているのですか?

 前提として、当社では事業戦略の立案から実行までを事業部が一気通貫で行っています。マーケティング部は、各事業部に対して仮説出しや市場調査、商品企画、パッケージング、プロモーションなどを支援している立場です。

 その上で具体例を紹介しましょう。パーソナルユースという新たな価値を広めるにあたり、マーケティング部では1人前の食実態や市場規模、響きそうなユーザー像などを調査します。家庭内なら習い事の兼ね合いでお子さんが先に食事をするケースや、親と子で食の好みが異なるケースは、いずれもパーソナルユースのニーズがあると言えます。また、省人化やオペレーションの簡素化を求める介護施設やレストランなどにおいても、パーソナルユースは重宝されそうです。

 このように「価値の源泉」を見出して、各事業部と連携することがマーケティング部の役割です。バトンを受け取った商品グループの担当者が、それらをより具体化して商品設計に落とし込みます。マーケティング部と各事業部は密接に関連しているのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


「MarkeZineプレミアム」とは
溢れる情報の中から、今知るべき優良なマーケティング情報を厳選してお届けする会員サービスです。 Web有料記事が読み放題になるだけでなく、限定セミナー、ホワイトペーパー、雑誌(電子版)など複合的なサービスを通じて、 良質な情報をお届けいたします。個人でのご利用はもちろん、チーム利用向けのプランも複数ご用意しておりますので、 チームビルディングや人材育成にもご活用いただけます。

●全プレミアム記事がWebで読み放題
●限定イベントに無料で参加し放題
●限定ホワイトペーパーが読み放題
●雑誌『MarkeZine』が毎月届く。バックナンバー(電子版)も読み放題(チーム利用向けプランのみ)

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
味の核がないからおいしさを追求できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
【100号特集】24社に聞く、経営構想におけるマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/05 08:31 https://markezine.jp/article/detail/45465

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング