SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

読売テレビ、6秒CMの素材をピクチャーインピクチャーの手法でオンエア 視聴者のテレビ注視度を測定

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、讀賣テレビ放送(以下、読売テレビ)と、デジタル広告で使用する6秒CM素材を、テレビ番組本編進行中に画面に表示されるピクチャーインピクチャーの手法でオンエアし、オンエア時の視聴者のテレビ注視度を測定する企画を実施した。

 ピクチャーインピクチャーとは、画面上に同時に複数の画面を表示させることを意味する。テレビ放送においては、スポーツ中継など、番組の流れを中断せずに広告を表示する方法として注目されており、米国では圧倒的な人気のスポーツ番組などで定着しているが、日本ではまだ前例が少なく有効な活用方法が模索されている段階だ。

 ADK MSと読売テレビは、6月21日(金)『Fun!BASEBALL‼2019「阪神×西武」』において、通常デジタルメディアで使用する6秒CM素材を、提供表示の代わりにピクチャーインピクチャ―でオンエアした。野球中継は6秒素材オンエア中も途切れずに表示されるため、視聴者は「重要なシーンを見逃すのではないか」というストレスなく、6秒素材を見ることができる。

 今回、ADK MSと読売テレビは、「阪神×西武」という好カードの試合中にKONAMI『プロ野球スピリッツA』の6秒素材をオンエアし、TVISION INSIGHTSの視聴質データを使って、視聴者の「テレビ注視度(=Attention Index/AI値)」を測定した。その結果、6秒ピクチャーインピクチャー注視度(2回オンエア平均)は、番組全体の平均注視度を大きく上回る結果となった。

AI値……テレビ画面に人の顔が向いているかを示す。数値が高いほど、画面を注視した人数が多く、注視秒数が長い。

AI値はテレビ画面に人の顔が向いているかを示す。
数値が高いほど、画面を注視した人数が多く、注視秒数が長い。

 なお、6秒CM素材のピクチャーインピクチャーオンエア、並びに個別番組のテレビ注視度計測は、関西では初めての事例となる。

【関連記事】
「6秒CM」×「Picture in Picture」の効果は? 視聴質データからCM注視度を分析
「6秒CM」と「番組本編」を同時に表示!博報堂DYメディアパートナーズとTBSテレビが共同実施
CA、クリエイティブ子会社「株式会社6秒企画」を設立 短尺に特化したオンライン動画広告を制作
トレンダーズ、ジーニーと提携し6秒動画に特化した動画広告配信サービスをリリース
YouTubeの6秒間広告、約4割が「離脱要因にはなりにくい」と回答【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/28 13:30 https://markezine.jp/article/detail/31434

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング