MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「マス向け」から「個別最適化」へ LINE活用を大きく進化させる「BOT BOOSTaR」とは

2019/11/20 10:00
目次

獲得から育成まで デュアルファネルでのLINE活用を支援

 マーケティングにおけるLINEの価値について落合氏は、「一斉配信による認知・興味関心を促すだけでなく、APIを利用した配信を活用することでデュアルファネル(※)に活用できる点にある」と話す。実際に、電通デジタルはデュアルファネルでのLINE活用支援に注力しており、その体制も整っている。

 電通デジタルには、LINE公式アカウント、LINE Sales Promotion、LINE Ads Platformなど様々な領域をカバーしているプロフェッショナルが在籍し、広告施策だけで終わることなく、既存顧客の育成までをサポートする仕組みが構築されているのだ。

 そして、ここに「BOT BOOSTaR」が登場することで、特に顧客の育成におけるコミュニケーションがさらに充実してくる。

※デュアルファネルのマーケティングとは、顧客一人ひとりに寄り添い、適切なコミュニケーションを行うため、認知から好意、興味・関心、意向、購買、その先の際購入、そしてロイヤルティーの育成・向上までの網羅するアプローチのこと。

 「これまでのLINE公式アカウントの使われ方は、メルマガと同じような感覚で、アカウントで全配信して終わりというのが多かったかと思います。『BOT BOOSTaR』は新しい顧客体験を生み出すと同時に、マーケティングにおけるLINEの使い方を大きく進化させられるのではないでしょうか」(星野氏)

 また、落合氏は「広告で新規やトライアルの顧客獲得だけを狙うのではなく、ロイヤルカスタマーに育てていく時に、電通デジタルの真価を発揮できるのではないか」と話し、今後の展望を次のように話した。

 「LINE社のパートナーシッププログラム『LINE Biz-Solutions Partner Program』で全3部門の『Sales Partner』に加え、LINE公式アカウントの『Technology Partner』にも認定された企業として、API活用によるマーケティング支援を引き続き強化していきたいと思っています。

 企業とユーザーがコミュニケーションをとる場として、LINEは非常に魅力的な媒体です。LINE公式アカウントを活用したコミュニケーション施策については、『BOT BOOSTaR』を主軸としつつ、プランニングの段階から育成までを電通グループ全体でサポートしていきたいです」(落合氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5