MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アドテクが違法になる日、「UXインテリジェンス」が必要になる

2020/03/17 09:00

 これは架空の物語である。「あなたは永遠の命を手に入れることができます。あなたのサイボーグを作りたいのです。あなたのすべてのデータをコピーさせてください」と神が耳元でささやく。さて、あなたは、自分自身のすべてのデータを差し出すだろうか?

目次

デジタル時代、人間自身がAIで操作できる「情報」になる

 Google米国本社副社長・日本法人社長などを務めた村上憲郎さんの夢は、サイボーグになることらしい。「そう、永遠に生きること。僕の自己意識をシリコンの上に転移することだね」と電通総研のインタビューで彼は即答した。

 このインタビューで村上さんは、レイ・カーツワイル氏との思い出話をしてくれた。1980年代にボストンの人工知能学会で会っていて、二人は友人らしい。この二人は同じ年で、村上さんがGoogleを退職した後に、カーツワイル氏がGoogleに入れ替わるように入社したらしい。

 『シンギュラリティは近い 人類が生命を超越するとき』でカーツワイル氏は、「我々はサイボーグになっていく<中略> 二〇三〇年代までには、人間は生物よりも非生物に近いものになる」と書いている。

 また、フランスを代表する経済学者であり思想家のダニエル・コーエンは、映画『ブレードランナー』(1982年)を引き合いにして、ポスト工業化社会では、人間は半分情報になると予見している。以下に引用したい。

「デジタル経済では、まさに我々自身がデジタルになれ、と求められています。言い換えれば、我々自身が、AI (人工知能)によって操作できる「情報」になるということです。『ブレードランナー』のような近未来を描く映画は、人類とサイボーグとデジタル情報の最先端領域が融合した世界を見せてくれます。我々は半分情報になり、半分人間になります」

出典:『未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

 「我々は半分情報になり、半分人間になります」と言われても、ピンと来ない人も多いだろう。だが、「AI美空ひばり」が話題になったことで、その意味するところがわかりやすくなった。

 AERA dot.の記事「“紅白出場”AI美空ひばり『気持ち悪さ』の正体 法規制は必要か」で論じられている。人間が情報になるということは、その著作権(copy right)を、言い換えれば、「人間の著作権(Human Copy Right)」を、法的に定める必要性が生じる。

「20世紀は、映画や写真、音楽などを大量に複製できる技術が発達したことで『著作権』の考え方を変え、法制度化されていった。それが、21世紀は歌声や表情、会話する時のクセといった『人格』や『個性』が大量にコピーできる時代になる」

出典:「“紅白出場”AI美空ひばり『気持ち悪さ』の正体 法規制は必要か

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5