MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYHDとMESON、「GIBSON」を発表 物理的な距離を超え相互共有するCX体験を目指す

2020/12/03 15:45

 MESONは、博報堂DYホールディングスと進めている共同研究における新たな取り組みとして、現実世界(フィジカル空間)とサイバー空間を融合させた新たなコミュニケーション体験構築プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」を開始した。

 同サービスはAR/VRそしてRGBカメラやLiDARなどの各種センサーを活用することで、ヒト・モノ・環境情報がリアルタイムに相互共有され、物理的な距離を超えて体験を共有できる、次世代のコミュニケーションプラットフォームを構築していく。

 GIBSONは、現実世界の3Dコピーである「デジタルツイン」を用いてサイバー空間を構築することで、そこにログインする遠隔地のVRユーザーと現実世界のARユーザーとがあたかも同じ空間を共有しているようなコミュニケーション体験を可能とするプロジェクトだ。またRGBカメラやLiDARなどのセンシング技術を用いて、ヒト・モノ・空間の情報を相互に共有することによってユーザーは現実世界、サイバー空間どちらからでも、リアルタイムに変化することを共有しながら、物理的距離を越えて没入度の高いコミュニケーションを取ることが可能となる。

 「GIBSON」ではデジタルツイン上での観光プログラムの開発、リアルとデジタル両方から参加ができるイベント・ライブ体験、遠隔からの買い物体験などといったユースケースを想定してプロトタイプ開発を行っている。

【関連記事】
CCCMKと博報堂DYMP、共同販促ソリューション「Tカード×LINEで応募」を2021年1月に開始
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査
博報堂DYMPとTwitter Japan、ブランド成長を支援する「Brand Bird」を提供開始
博報堂DYHDとMESON、MRグラスを用いたARコミュニケーションサービスの実証実験を開始
博報堂DYホールディングスとMESON、ARクラウドを軸とした体験拡張領域で共同研究契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5