SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

スクエニの「サガ」シリーズ事例に学ぶ、Twitter×YouTubeで相乗効果を出す方法

CPI、ROASで見えない熱量・盛り上がりが重要に

MZ:今回の施策を通じて得られた知見・学びがあれば教えてください。

市川:今回のキャンペーンでは、CPIやROASなどの数字では見えない熱量や盛り上がりに可能性を感じました。これまではCPIやROASが合えば上手くいっている、という考えもあったと思いますが、コアなユーザーがインフルエンサーとなり、多くの方に情報を拡散してくれたほうが成果につながると今回の施策でわかりました。

 そしてTwitterは、「サガ」シリーズのユーザーやファンが集まるコミュニティとして今後も活用できると考えています。直近はロマサガRSをきっかけにTwitterを始める人やファンアートをTwitterで見かける機会が増えているので、そのコミュニティを活性化していきたいです。

「サガ」シリーズを選んでよかったと思われるプロモーションを

MZ:最後に、今後の展望を教えてください。

市川:今回のように、Twitterを活用してYouTubeのコンテンツに誘導する取り組みを今後も続けていきたいと考えています。加えて、プロモーション費用を使ってユーザーの皆さんに還元できる施策が行いたいです。

 「サガ」シリーズを遊んでくれている方の多くが数あるゲームからあえて「サガ」を選んでくれています。ですので、単純に他のタイトルで上手くいっている施策をマネして実施するだけでは不十分に感じますし、このタイトルだから好き、という方々に向けてより強く発信するためには、工夫が必要です。

 だからこそ、今後も「あなたが選んだタイトルがおもしろいことをやっていますよ」と言えるようなプロモーションを全方位で行いたいです。そして、今後もユーザーの皆さんに「サガ」シリーズを選んでよかったと思ってもらえる施策に取り組みます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/28 11:30 https://markezine.jp/article/detail/38397

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング