SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BI.Garageが博報堂DYグループ2社と資本業務提携 クッキーレスに対応した広告配信事業を強化

 デジタルガレージの子会社であるBI.Garageは、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと資本業務提携契約を締結した。

 BI.Garageは、2019年にメディア企業28社と「コンテンツメディアコンソーシアム」を創設。大手プラットフォーマーによるクッキーを含む個人情報の独占や、意図しないサイトでの広告掲載によるブランド毀損などの課題解決に取り組んでいる。また2021年にはスイスの1plusX社との資本業務提携を通して、コンテンツの文脈に沿った広告を配信する「コンテクスト広告」の仕組みを開発した。

 今回提携した2社に加え、電通グループ、CARTA COMMUNICATIONS、ADKマーケティング・ソリューションズらとともにコンテンツメディアコンソーシアム事業の拡大に着手。2022年4月に1plusXを買収した米国のアドテク企業・TripleLift社との連携も視野に、新たなテクノロジーを活用した次世代型広告事業に取り組んでいく。

【関連記事】
DACと博報堂アイ・スタジオ、クッキーに依存せずに状況を捉えた配信が可能なサービスの提供を開始
インティメート・マージャー、Cookieに依存しない広告効果測定基盤を開発 第1弾はアフィリエイト
「UNIVERSE Ads」と「Hyper ID」が連携 脱Cookieのターゲティング配信を可能に
DAC、ポストcookieID技術を活用したターゲティング広告配信サービスを開始
DNP、GumGumと連携 cookieに依存しないコンテクスチュアル・ターゲティングの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/28 09:00 https://markezine.jp/article/detail/39319

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング