SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

広告主に新たな選択肢の提供を──Microsoft 広告の日本立ち上げを担うマネージャーに迫る

 2022年5月31日に日本市場へ提供を開始した、Microsoft 広告。アドネットワークとして後発だが、Windowsのインストールベースを起点とするプラットフォームの成り立ちや、新しいペルソナである「仕事と生活の境界線が柔軟に変化している生活者」と親和性が高く、注目度は高い。今回、Microsoft 広告の特色や独自の顧客層、プライバシー保護の取り組みなどについて、日本マイクロソフトのMicrosoft 広告事業本部、岡部氏と金田氏に話を伺った。

パソコンで検索する「ワークデイ コンシューマー」

──2022年5月31日に、Microsoft 広告日本市場で提供を開始し、日本国内専任の営業部門が発足しました。まずは、お二人の自己紹介をお願いいたします。

岡部:新卒から現在まで、一貫してデジタル広告業界にてキャリアを積んできました。広告代理店に始まり、メディア、プラットフォーム、動画ネットワークなど広告主側以外は一通り経験しております。

 実は2000年代前半から2010年半ばにかけて、以前のマイクロソフト広告事業部門を経験し、今回Microsoft 広告にて2022年5月末よりセールスマネージャーに着任しました。

金田:私はIT関連の仕事に2000年頃から関わり始め、2006年から本格的にインターネット広告の仕事に携わってきました。始めは検索エンジンのセールスチームを率いていたのですが、その後インターネット事業の立ち上げ・再生を担ってきました。

 そして今回、マイクロソフトが広告事業を再スタートするということでお声がけいただき、岡部と同じくセールスマネージャーに着任しました。

──日本の広告市場にマイクロソフトが再参入する狙いを教えてください。

岡部:Microsoft 広告は、すでに欧米圏を中心にサービスを提供しており、2021年度の広告収入は100億ドル、日本円で1.26兆円の規模に成長しています。その背景には、Workday Consumer(ワークデイ コンシューマー)と呼ばれる、新しい消費者像の誕生が影響しています。

 ワークデイ コンシューマーとは、勤務時間とプライベートの時間をはっきりと区切るのではなく、柔軟に高頻度でオンオフの切り替えを行うライフスタイルを送る消費者のことです。

 在宅勤務をしながらオンラインミーティングに参加し、そのあとにコーヒー休憩をとりながら、週末のレジャーの情報を検索する……といった行動は、みなさんも思い浮かぶのではないでしょうか。

 私たちがForrester Research社と共同で行った調査によると、日本の場合、回答者の51%が、「勤務時間の合間に何らかの商品やサービスなどを定期的に検索している」という結果が出ています。さらにワークデイ コンシューマーの特徴は、パソコンを使って検索を行う点にあります。

日本マイクロソフト株式会社 Microsoft 広告事業本部<br />セールスマネージャー岡部博史氏
日本マイクロソフト株式会社 Microsoft 広告事業本部
セールスマネージャー 岡部博史氏

──パソコンが、ワークデイ コンシューマーのライフスタイルの中心になっているのですね。

金田:はい。この点が、ワークデイ コンシューマーとマイクロソフトの相性が良い大きな理由です。

 マイクロソフトのWindowsは、世界でおよそ10億台のデバイスにインストールされており、そこにはデフォルトのブラウザ「Microsoft Edge」と、検索エンジン「Microsoft Bing」を利用するユーザーも多いです。

 特に日本は、パソコンにおけるWindowsの普及率が高いこともあり、ワークデイ コンシューマーと親和性の高いMicrosoft 広告にとって、非常に可能性の大きな市場だと言えるでしょう。

Microsoft Bingの検索広告とオーディエンスネットワークの特徴

──Microsoft 広告が提供するサービスについて教えてください。

金田:Microsoft 広告では、Microsoft Bingの検索広告とマイクロソフトが運営するMSN、Microsoft Outlook、Microsoft Edgeのスタートページやタブページを中心としたオーディエンスネットワーク広告を提供しています。

──検索広告の特徴は何でしょうか。

 日本でのMicrosoft Bingの利用状況ですが、2021年12月にComscore(コムスコア)が行った調査では、パソコンによるデスクトップ検索者は2,800万人、月間デスクトップ検索数は、6.64億件、そしてデスクトップ検索でのマーケットシェアはMicrosoft Bingが10.8%となっております。

 グローバルにおけるマーケットシェアでは、すでに米国では37%、EU主要国でも20%を超えております。

──海外では、検索広告におけるMicrosoftの存在感が大きいのですね。続いてマイクロソフトオーディエンスネットワークには、どのような特徴があるのでしょうか。

金田:マイクロソフトオーディエンスネットワークは、Microsoft OutlookやMSNなど、自社のメディアを中心にネイティブ広告を配信するサービスを提供しています。日本では今後、信頼の置けるパートナーメディアと組み、配信面や広告在庫を増やしていく予定です。ブランド価値を毀損しない、クオリティの高いアドネットワークの運用に努めています。

次のページ
独自のオーディエンス属性で、マーケティングに新たな選択肢を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/16 11:00 https://markezine.jp/article/detail/39406

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング