SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソニー、デジタルサイネージによる広告配信サービス開始

 ソニーは、「デジタルサイネージ アドバタイジング(広告配信)サービス」を6月30日から開始する。ディスプレイの設置場所の選定から機器の手配・設置、放映する広告の受注、コンテンツ制作・配信・保守・監視までをトータルにソニーグループで提供する。 

広告・店舗情報・特売情報・イベント情報などの販促情報に加え
お料理レシピ・地域にあわせた天気予報・ニュースなども配信

 「デジタルサイネージ アドバタイジング(広告配信)サービス」では、設置する機材はソニー所有のものを利用するため、初期投資をおさえることができる。サービス第一弾として、株式会社Olympicが展開する首都圏22店舗に大型ディスプレイを151台設置。「ミルとくチャンネル」と名付けた専用のチャンネルで、広告・店舗情報・特売情報・イベント情報などの販促情報、お料理レシピ・天気予報・ニュースなどの情報を提供する。
 
 現在、スーパーマーケット利用者の約60%は売り場で購入製品を決定するといわれている。ソニーは、ネットワークを利用した売り場に近い広告メディア(インストアメディア)として、主婦層・ファミリー層をメインターゲットとして情報を提供し、購買行動に結び付ける効果があるとしている。

【関連記事】
TOKYO MX、サイトに電子チラシコーナー「デジアド」開設
凸版印刷とヤフーが、電子チラシ検索サイトを3月下旬にオープン
携帯向けにチラシを配信、コムシード「モバイルチラシサービス」を無料提供
スーパー特売情報をネット検索、最安値サーチ「毎日特売」が楽天womanでスタート
凸版、おサイフケータイと電子POPを組み合わせた店頭販促システムを都内で実験中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/19 10:26 https://markezine.jp/article/detail/4146

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング