SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

リクルートにおけるボトムアップのプロダクト作り── 新アイデアの推進を後押しする文化と仕組みとは?

 飲食や旅行、美容、ウェディング、採用、住宅など様々な業界の事業者や消費者に向けてサービスを提供するリクルート。同社は、既存のサービスを改善すると同時に、様々な新しいプロジェクトを立ち上げている。その土台にはリクルートならではのボトムアップで挑戦しやすい文化があるという。これは、どういったものなのだろうか。同社の柴田直幸氏と岩田圭市氏に話を伺った。

ボトムアップにより、挑戦しやすい文化が根付くリクルート

──自己紹介をお願いいたします。

柴田:プロダクトデザイン部で飲食クライアントソリューション1Gのマネージャーをしています。飲食領域を担当し、『ホットペッパーグルメ』をはじめ、『レストランボード』、そして同サービスの機能の1つである『セルフチェックイン』など飲食店向けプロダクトの企画・開発や運用を主な業務としています。

岩田:弊社の新規事業提案制度であるRingで障がい福祉事業所向け業務支援サービス『knowbe(ノウビー)』を起案し、サービスをリリースしました。現在は、knowbe事業推進部の部長として、戦略策定やマネジメント全般を担っています。

──新規プロジェクトは、社内でどのように立ち上げるのでしょうか。

岩田:『セルフチェックイン』のように既存ビジネスから、新しい機能を開発しようとはじまる新規プロジェクトと、『knowbe』のように既存のリクルートのサービスにはまだない、新しい領域で事業開発をする新規プロジェクトが存在します。

 どちらも企業や店舗、それらの利用者の方の声などを聞き、課題を見つけて「こういうサービスや機能があると解決できるのではないか」と提案します。当社では、新規プロジェクトをボトムアップで進めやすい文化があり、誰でも提案しやすい風土があります。

株式会社リクルート 飲食・ビューティー領域プロダクトデザイン部<br />飲食クライアントソリューション1グループ マネージャー 柴田直幸氏
株式会社リクルート 飲食・ビューティー領域プロダクトデザイン部
飲食クライアントソリューション1グループ マネージャー 柴田直幸氏

一人一人の現場の声を後押しする環境

──リクルートでのボトムアップの強みとは何でしょうか?

柴田:たとえば誰かが「こういうことをやりたい」と提案した時に、「うまくいくの?」「既存業務はどうするの?」「今やる必要あるの?」など懸念の声が第一声で出てくると、断念してしまうこともありますよね。ですが当社では、やることをいきなり否定されることはなく、背中を押し応援してくれるような文化があります。

岩田:もちろんプロジェクトを立ち上げる際は、ニーズがあるのか、カスタマー・クライアントに価値提供できるのかなど、情報収集をして説明する必要はあります。しかし経営陣もかつては現場に直接赴き、ボトムアップで提案する側にいたので、現場の声を拾い上げることを大切にしてくれています。

 また、過去の経験から的確なアドバイスをくれることも、推進する上での力になります。

次のページ
1人の思いが周囲を動かした『セルフチェックイン』プロジェクト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社リクルート

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/20 10:30 https://markezine.jp/article/detail/43410

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング