SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

経済産業大臣賞を受賞!広告でも展示会でもない第三の選択肢「見積もりサイト」の活用法&事例紹介

 オンラインでの見積もり比較サイトを運営するミツモア。見積もり対象となる製品にはMAツールやCRMなど、BtoB領域のものもある。そのため「(ITベンダーにとって)ミツモアに情報を掲載することで、確度の高いリードを多数獲得できる」と同社 事業開発2部で部長を務める鏡曜平氏は語る。リード獲得チャネルは広告や展示会など他にもあるが、見積もりサイトの優位性とは。出稿企業はどのようなメリットを得られるのか。見積もりサイトの特長からミツモア独自の運用ノウハウまで詳しく聞いた。

約600の製品・サービスから比較検討できる「ミツモア」

――まず、ミツモアの事業内容について教えてください。

 ミツモアは、見積もりサイトを運営する会社です。当社のサイト「ミツモア」では、まずユーザーにいくつかの質問に答えていただきます。その回答結果を踏まえて、最適な製品やサービスを最大5つまで厳選し、各費用や特長などを記載した比較表をご覧いただけます

 なお、見積もり・比較できる製品・サービスの数は約600。うち半分は「ハウスクリーニング」や「機器設置・修理」「引越し」といった生活者向けです。残り半分は「経理・会計」や「人事・労務」「マーケティング」に関するSaaS製品やアウトソーシングサービスです。つまり、SaaS製品やアウトソーシングサービスを探されている企業のご担当者様とサービス提供企業様との出会いの創出を行っています。

ミツモア 事業開発2部 部長 鏡 曜平氏

ホットなリードを迅速に獲得できる

――ミツモアのような見積もりサイトの「リード獲得チャネル」としての優位性を教えてください。

 まず、見積もりサイトを訪れるユーザーの方は、何かしら課題を抱えつつも「どの製品を選べば良いか」までは明確でないことが多いです。

 ここから、他のリード獲得チャネルと比較しながら見積もりサイトの優位性をお伝えします。まずWebメディア。一般的な商品紹介のWebメディアでは「おすすめ商品5選」のように、どちらかといえば一方的な情報発信のされ方です。一方、見積もりサイトではユーザー自らが条件を絞り、最適な商品を見つけやすくできます。これにより、情報を掲載するベンダー様としても、導入意向度の高いユーザーのリードのみを獲得できます

 次に展示会と比較してみましょう。展示会では多くの見込み顧客を一度に獲得できますが、ブース設置の手間や来場者に対応するための人的リソースがかかります。また、来場者は商談化率の高いホットな潜在顧客ではありますが、その後の架電やメール送付までにはどうしてもリードタイムが発生します。一方、ミツモアでは前述の「5製品」に選ばれた段階でリードを提供するので、商談化に向けて直ちに動けます

次のページ
アンケート項目をカスタマイズして、リードの質を上げる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐々木 もも(ササキ モモ)

 早稲田大学卒業後、全国紙で約8年記者を経験。地方支局で警察や行政を取材し、経済部では観光や流通業界などを担当した。現在は企業のオウンドメディアの記事企画や広報に携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社ミツモア

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/30 11:00 https://markezine.jp/article/detail/43733

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング