SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

商談単価が1/3に改善した事例も!LINEヤフーが今、BtoB企業の広告領域に力を入れる理由に迫る

 本記事ではBtoBマーケティング支援に強みを持つメディックスのビジネスマーケティングユニット ユニット長を務める根口氏が、LINEヤフーのBtoB広告営業を担当する小渕氏と坂本氏にインタビュー。なぜLINEヤフーはBtoB広告に力を入れているのかをひも解き、成果事例を紹介するとともに「BtoB広告領域のあるべき姿」について語った。

BtoB広告領域に力を入れているLINEヤフー

根口:BtoB企業の多くは、新型コロナウイルス5類移行後も「顧客接点のデジタル化を継続強化していく」と指針を示しています。今回はLINEヤフーでBtoB企業の広告主を担当する部門に所属されている小渕さんと坂本さんに、その理由や事例を共有いただきます。加えて今後のBtoB広告およびマーケティング施策についてディスカッションできればと思います。まずは自己紹介をお願いできますか。

小渕:入社当初はBtoBのマーケティング部門に所属しており、広告主としてデジタル広告に関わっていました。その後、広告営業部門に異動し、現在は多岐にわたる業種の企業様を担当する部署の部門長をしております。

LINEヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー ビジネスデザイン統括本部 コンサルティング2部 部長 小渕裕大氏
LINEヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー ビジネスデザイン統括本部
コンサルティング2部 部長 小渕裕大氏

坂本:広告マーケティングに15年ほど携わっています。スタートは広告代理店で、その後ヤフー(現:LINEヤフー)に転職。10年ほどマーケティング部を経験した後、SaaS系の事業会社に移り、MAやCRMなどBtoBマーケティングに携わりました。2023年1月に改めてヤフーに戻り、主にBtoB企業の広告主様を担当しています。

LINEヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニービジネスデザイン統括本部 コンサルティング2部 コンサルティング2チーム リーダー坂本春樹氏
LINEヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー ビジネスデザイン統括本部
コンサルティング2部 コンサルティング2チーム リーダー 坂本春樹氏

LINEヤフーがBtoB広告に力を入れる理由

根口: LINEヤフーは、現在BtoB企業の広告市場をどう捉えているのでしょうか。BtoB広告領域に力を入れる背景を教えてください。

小渕:コロナ禍以降、BtoB関連キーワードの検索数やBtoB企業のデジタル広告予算額が増えました。当社内の検索データなどを見ても、各企業の業務プロセスがデジタル化する中でSaaSを中心にBtoB広告領域の動きは活発化してきています。

 これにあたり当社では2023年4月に、BtoBの専属チームが発足。その担当が同席している坂本のチームです。チームが設立して半年ほどですが、当社の売り上げ状況を見ても2桁成長の市場規模となっており、着実に拡大しています。それをけん引しているのが、ディスプレイ広告の領域です。

根口:LINEヤフーから見た、BtoB企業の特徴を伺えますか。

小渕:BtoBのクライアント様は、広告の成果や効果を非常に厳しく求められる印象です。そのため、ディスプレイ広告に踏み切れないシーンが多々あります。

 ただBtoBで検索連動型広告を出稿する場合、BtoC以上に検索数には限りがある状態です。LINEヤフーとしてBtoB企業の成果の最大化を支援する上で、ディスプレイ広告領域のテコ入れは必須だと考えていました。それを踏まえ、ディスプレイ広告を軸としたメニュー開発を進めました。

次のページ
ディスプレイ広告に市場拡大の糸口!LINEヤフーの取り組みとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

釘﨑 彩子(クギサキ アヤコ)

 2019年からマーケティング・広告の専門出版社で編集者として勤務。広報・PR分野を中心に編集業務にあたる。2022年よりフリーランスのライターに。媒体問わず、マーケティング、広報、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社メディックス

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/16 10:00 https://markezine.jp/article/detail/43810

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング