SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通ら3社、ネットTVで広告コンテンツを視聴するとポイントが付与される新システムを開発

 今回採用されたデジタルコンテンツの流通管理方式「許諾コード方式」は、1997年に電通が考案、2008年2月に国際電機技術標準化会議で国際標準化されたもの。この方式を採用したコンテンツが広がることで、ネットTVやセットトップボックスなどで視聴した広告の種類によって、視聴可能な映像を変えたり、購入したコンテンツを携帯、インターネット、放送など、様々な媒体で視聴することが可能になる。

 今回3社は、許諾コード方式に、富士通のネットTV対応映像配信SaaS型サービスとアドバンスト・コミュニケーションズのセットトップボックスを組み合わせることで、新しい広告流通モデルを開発。広告コンテンツの視聴回数などの状況に応じて、広告主から視聴者へ「広告ポイント」を付与し、そのポイントを消費することで映画・ドラマの本編などのコンテンツを視聴可能になる。

 このモデルは、11月19日から幕張メッセで行われる国際放送機器展「Inter BEE 2008」で展示される。

【関連記事】
地デジ対応テレビの所有率はついに5割突破、「すでに地デジ見ている」4割以上
1週間分の全テレビ番組・CMを録画するテレビシステム「SPIDER zero」 
IP放送サービスの視聴環境はPCからテレビへ、テレビでの利用者は2012年には5倍に
家に帰ったら「テレビをつける」と「パソコンをつける」がほぼ拮抗

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/14 12:50 https://markezine.jp/article/detail/5896

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング