SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「信頼」の新聞広告と「情報」のネット広告は補完可能?根強いネット広告への不信感

 2008年の10月に行われた調査は、全国の一般紙、スポーツ紙など計112紙を対象にしており、15~69歳の男女28,809人から回答を得た。その結果、全体の8割以上が「テレビなどで知っているニュースでも新聞で改めて読む」と回答。男女40代以上では9割前後に達している。

 また、「関心がある記事を時間があるときゆっくり読む」「広告の内容が友人・知人の間で話題になる」「気になる記事を切り抜いたりメモしたりする」といった新聞の利用は女性層、特に30代以上でスコアが高くなっている。

 新聞広告とネット広告の評価を比較すると、新聞広告は「メッセージ訴求力」「レスポンス」「信頼性」の評価が高い一方、ネット広告は商品やサービスの「理解」や「比較」といった情報の提供で高評価を得ており、同調査では両者は互いに補完し合える関係にあるとしている。

  しかし、「信頼できる広告」としての評価は、新聞広告とネット広告で大きく評価が分かれており、ネット広告への不信感が根強いことをうかがわせる。この点は、単なる補完ですませられないネット広告の課題といえそうだ。

【関連記事】
朝日新聞、無料でasahi.comの記事をブログに転載できるシステムを導入
NTTコムと毎日新聞、テレビで新聞が読めるサービスの実証実験
印刷された「ブログ新聞」、ネットユーザーの3割「読んでみたい」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/10/07 15:20 https://markezine.jp/article/detail/8546

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング