SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビデオリサーチ、Twitterをテレビ番組指標への活用に着手

 ビデオリサーチは、Twitter Japanの協力を得て、Twitter上でのテレビ番組への反応を測る指標の整備に取り組んでいくことを発表した。

 ソーシャルネットワークの利用が広まる中、テレビとソーシャルメディアの連携は広く実施され、注目されている。両者の関係性を示すニーズは高まっており、データの整理、指標の整備を進めていく。

 指標として、発言数や発言人数による量的視点と、発言内容や発言者の定性的な分析をする質的視点の2つの方向性を提示。「1分あたりのツイート件数」とその「前四週平均」を番組別に算出し、番組全体を量的に捉える指標として研究を開始する。この指標により、テレビ番組がTwitter上でどれだけ話題となったのかを網羅的に確認でき、過去の放送や他番組あるいは同ジャンルの番組と比較することが可能に。

 ツイートの取得には、この指標に最適なAPIをTwitter Japanがビデオリサーチに提供する。 量的視点での指標研究は、「1分あたりのツイート件数」に加え、今後は波及効果に関する指標開発も検討する。

 また、指標を作成し活用していくには、統一したルールに則っての取得が有用と考え、まずテレビ局のハッシュタグを基準に取得を開始する。そして番組ハッシュタグの運用ルールを一般化し、ユーザー側の検索利便性の向上、メディア側の効率的な視聴者情報収集実現を目指す。両社は、番組ハッシュタグの利用促進に積極的に取り組み、利便性向上の貢献に努める。

【関連記事】
NTTコム オンライン、Twitterの全量データによるリアルタイム分析サービス開始
米Twitter社、NTTデータにツイートデータ提供 Firehouse契約締結
Twitterの「プロモアカウント」と「プロモツイート」でインタレストターゲティングが可能に
電通、Twitter上の話題の拡散度合いを測る指標を開発
「クチコミ@係長」、Twitter過去データをさかのぼって分析するオプション機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング