SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

新体制となったビデオ広告DSPのチューブモーグル プレミアム性を担保し日本市場へさらなる攻勢

米国本社も日本市場を重視、サポート体制を強化

MZ:TubeMogulはディマンドサイドに特化されていますから、在庫についてはどういうSSPと組むかという話になるのですね。パートナーとなる、プレミアム在庫を扱うSSPの温度感も変化していますか?

近藤:そうですね、もちろん活性化しつつありますが、花開くには在庫の数がハードルになっていますね。そもそも日本ではビデオ広告のプレミアム在庫の数が、日本のブランド企業のマーケティング活動にフィットする程度、出回っていないんです。まさにこれから、というところです。

  ただ明らかに、モバイルから見られる動画は増えているので、おそらく広告在庫が増える前にまずコンテンツが増えるというステップを踏んで、成長していくと思います。我々はそれを見込んで、いち早く広告を扱う準備をしていくのが大事だと捉えています。

MZ:日本市場を近藤さんが統括され、日本を含めてアジア全体はサロップさんがみていくのですね。

スーザン:そうですね。ただ、米国本社にとっても日本市場は重要なので、本社にも日本語ができる人を採用するなどして、日本でのビジネスをサポートする体制を整えています。

ブレット:グローバルで見ても、日本は米と中国に次いでNo.3の規模の魅力的な市場なので、2年前に日本初のビデオ広告DSPとしていち早くサービスを立ち上げたのです。

日本の市場環境を踏まえてサービスをローカライズ

ブレット:当社は米以外に11カ国で事業を展開していますが、ローカルカンパニーをとても重視しています。言語などの違いだけでなく、ローカルのデータパートナーやパブリッシャーとの提携が大事になるからです。適切なユーザーに適切なタイミングで接触するためには、データによるターゲティングが不可欠ですから。

近藤:ローカライズを重視する点は、僕がTubeMogulを選んだ理由のひとつでもあるんです。かつ、日本市場に対する期待とコミットメントが高い。賭けるべき会社だと思いました。

 国ごとに、強いメディアは異なります。ダイレクトレスポンス系はともかく、ブランディングはメディア環境をよく理解していないと難しいと思いますね。

MZ:では、今後の意気込みをお聞かせください。

近藤:昨年、TubeMogulはグローバルで227%成長し、今年も50%以上は伸びる見込みです。ビデオ広告分野では、非常にいいポジションで事業を展開していると思います。

 その中での僕の役割は、サービスを日本市場へフィットさせ、日本のマーケターに使いこなしていただくこと。そのためにシンプルなメッセージを開発し、効果的な使い方を丁寧に解説していきます。

 そして、日本ではやはり広告会社とのコラボレーションがとても大事なので、一緒にビジネスを大きくしていきたいと考えています。ビデオ広告に15年携わる中で、何度かあった強い追い風を今また感じています。これを逃さずに捉えていきたいですね。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア編集部門 執行役員 / 統括編集長立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、2006年スタートの『MarkeZine(マーケジン)』立ち上げに参画。2011年4月にMarkeZineの3代目編集長、2019年4月よりメディア部門 メディア編集...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/08/26 11:00 https://markezine.jp/article/detail/22907

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング