SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』次世代マーケティング教室

中国最新事情 決済アプリがスマホのゲートウェイになる未来

 「高速鉄道」「ネットショッピング」「シェアリング自転車」と並んで中国“新4大発明”の一つに称される「モバイル(スマホ)決済」。QRコードは日本を出自とする技術だが、応用面で大きく花を咲かせたのは中国だった。テンセントの「WeChat(微信)」とアリババグループの「Alipay(支付宝)」は単なるスマホアプリを超え、消費生活のプラットフォームとして中国のキャッシュレス社会を牽引する中心的プレーヤーとなっている。一方で「雲閃付(QuickPass)」を打ち出し巻き返しを図る「UnionPay(銀聯)」の動向にも目が離せない。「無感支付(無感覚での支払い)」が新たな決済の形として注目を浴びるなか、2019年の中国モバイル決済市場はどのような展開を見せていくのだろうか。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』39号に掲載したものです。

WeChatはスマホのゲートウェイに

 「天下大勢、分久必合、合久必分(そもそも天下の大勢は、分かれること久しければ必ず合し、合すること久しければ必ず分かれるもの)」――そんな『三国志演義』の世界に相通ずる事象が、わずか数十年に過ぎないITの歴史の中で起きている。それはデータやリソースの集中と分散の繰り返しとも言える。

 中国のスマホアプリ市場を見ると、多彩な機能を売りにしたポータルアプリや特定機能にフォーカスした専用アプリが次々と出てきたが、今は「ミニプログラム」となってひとつのプラットフォームの元に統合していく“集中”の方向へと舵を切り始めている。

 ミニプログラムとはアプリ内からアクセスできるプログラムを指す。ブラウザのGoogleChromeに設置するアプリや拡張機能をイメージしてもよいだろう。アプリを多く設定することでホームスクリーンにアイコンが散乱したり、メモリやバッテリーが消費されるのを敬遠したいユーザーにとってミニプログラムは利便性が高く有り難い存在だ。

 テンセント(騰訊)が展開する「WeChat(微信)」では、「滴滴出行」(配車サービス)や「美団」(フードデリバリー)、「京東商城」(EC)、「携程(Ctrip)」(オンライン旅行会社)などライフスタイルに関するジャンルだけでなく、「Office」や翻訳、OCR、辞書など、ビジネスや学習を用途とした様々なミニプログラムにアクセスできる。いわばWeChat自体が「OS内OS」となってスマホのゲートウェイとしての役割を果たしているのだ(図表1)。

図表1 WeChatのトップ画面。下方向にスワイプするとミニプログラムが表示される
図表1 WeChatのトップ画面。下方向にスワイプするとミニプログラムが表示される
この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
金融ツールとしての存在感を増すWeChat Pay

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』次世代マーケティング教室連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

近藤 修一(コンドウ シュウイチ)

庫米科技(大連)有限公司 副総経理 静岡県出身、信州大学卒。1994年、上海に語学留学。1998年に現地パートナーらとともに日本人向けパソコン事業に携わる。2002年10月に中国全土でフリーペーパー事業を展開するメディア漫歩グループに入社。その後、『Whenever BizCHINA』(現名称)、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング