SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』マーケターの本棚

有園雄一さんの2冊

 マーケティング業界で活躍するキーパーソンたちの知識量、またそこから生み出される斬新なアイデアにはいつも驚かされます。彼ら・彼女たちは、日々どのように情報収集を行っているのでしょうか? 普段あまり明かされることがない「マーケターの本棚」を覗いてみましょう。

※本記事は、2019年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』46号に掲載したものです。

株式会社電通デジタル 客員エグゼクティブコンサルタント アタラ合同会社 フェローzonari 合同会社 代表執行役社長 有園雄一氏
早稲田大学政治経済学部卒。1995年、「貨幣の複数性」(卒業論文)が『現代思想』(青土社1995年9月貨幣とナショナリズム<特集>)で出版される。オーバーチュア(現ヤフー)、グーグル(SalesStrategy and Planning/戦略企画担当)などを経て現職。2004年、検索キーワード入りテレビCMを考案、日本で最初にトヨタ自動車「イスト」CMが採用。2014年、Dual AISAS Modelを提唱。2018年度電通 電通総研カウンセル兼フェロー。

Q1.最近、いちばん感銘を受けた書籍とその理由は?

 宇宙エネルギーが人生に多大な影響を与える。心次第で宇宙エネルギーを活用できる。稲盛和夫 著『心。』は、「人生の目的は、心、あるいは、魂を磨くこと」だと説く。

『心。』稲盛和夫 著 サンマーク出版 1,700円+税
『心。』
稲盛和夫 著 サンマーク出版 1,700円+税

 ジェームズ・アレン 著『「原因」と「結果」の法則』や、ロンダ・バーン 著『ザ・シークレット』、ナポレオン・ヒル 著『思考は現実化する』、中村天風 著『運命を拓く』も、基本は同じだ。ソクラテスは「人生の目的は魂の世話をすること」と述べ、世界一の投資家、ウォーレン・バフェットも、著書『Getting There』の中で、「take care of your mind and body」と「emotional stability」が最重要としている。そして、ドーソン・チャーチ 著『思考が物質に変わる時』や、ブルース・H・リプトン共著『思考のパワー』、ジム・アル=カリーリ 著『量子力学で生命の謎を解く』などでは、量子論や脳科学的に思考や心の在り方の解明を試みている。

 Googleの検索エンジンは「真・善・美」を判断せず、レレバンシーだけで掲載順位を決定している。今のAIは「真・善・美」の判断ができないのだ。故に、フェイクニュースを排除できない。量子論の岸根卓郎(京都大学名誉教授)は、人間の心は宇宙の心と一体であるとし、「真・善・美」を判断するために、AIに宇宙の心を教え込む必要があると主張する。「真・善・美」が判断でき宇宙の心を実現するAI、それが稲盛和夫の『心。』だと思う。

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
Q2.「マーケターならこれを読むべし!」という書籍とその理由は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』マーケターの本棚連載記事一覧

もっと読む

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング