SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

#Twitterトレンド大賞 への協賛でアクティブユーザーが増加!「少年ジャンプ+」の活用事例

ブランド絵文字などでツイートボリュームが大幅に増加

MZ:特別インフォマーシャル以外にもプロモツイートやトレンドテイクオーバーなども活用したとのことですが、どのように使い分けたのでしょうか。

木根渕:まず、 #ジャンプラトレンド2020 など今回の企画に関連するハッシュタグにブランド絵文字を付けました。『SPY×FAMILY』に登場するアーニャというキャラクターを使ったデザインで、多くのファンにブランド絵文字の付いたハッシュタグを使ってツイートして楽しんでいただけました。

 特別インフォマーシャルを配信した12月22日の夜から23日の朝にかけて #アーニャ がトレンド2位まで上がるなど、ツイートボリュームの増加に貢献しているのがわかりました。

 また、特別インフォマーシャルを広告用に編集して、22日からプロモツイートで配信しました。これにより、アプリの休眠復帰や新規獲得につなげることができました。

画像:特別インフォマーシャルを使ったプロモツイート
特別インフォマーシャルを使ったプロモツイート

髙田:トレンドテイクオーバーは #ジャンプラトレンド2020 のハッシュタグを使って #Twitterトレンド大賞 の放送日に実施し、直近3ヵ月平均を大きく上回るimpでリーチを拡大することに成功しました。

 そして、配信日以降も12月25日からフォロー&リツイートでサイン入りのジャンプ+コミックスが毎日1名に当たるインスタントウィンを実施しました。これも毎日実施可能な座組で実施したことにより、参加リツイート数とフォロワー数を格段に伸ばすことができました。

画像:インスタントウィン
インスタントウィン

インフォマーシャル配信以降のアクティブユーザーが増加

MZ:これらの施策によってどのような成果が得られましたか。

木根渕:インフォマーシャルを放送した後の数日間でアクティブユーザーが増加していました。また、今回はインスタントウィンを活用したことで新規フォロワー数を伸ばすことができたので、アプリ以外で「少年ジャンプ+」とユーザーの接点を作ることができたのは良かったと思います。

 インフォマーシャルに関しても、放送されたタイミングがアニメ部門賞で #鬼滅劇場版 が受賞した後だったこともあり、インフォマーシャルの視聴者数並びに反応が非常に良かったと感じています。

髙田:年末というTwitter上での会話量が増えるモーメントに上手く乗ってコミュニケーションができたのは非常に良かったと思います。広告在庫も非常に多い時期であるため、広告のパフォーマンスも非常に高い推移を見せていました。

次のページ
ブランドリフト調査なども組み合わせた設計を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/37304

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング