SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

足立光氏・西口一希氏が語ったマーケターの素養と育成の秘訣:グロース Xマーケティングサミットレポート

 2022年3月16日(水)、マーケティング学習アプリ「コラーニング」などを提供するグロース Xは「グロース X マーケティングサミット2022」を開催。本記事では、ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター、チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO) 足立光氏と、Strategy Partners 代表取締役 兼 M-Force 共同創業者 西口一希氏が登壇したセッション「『これからのマーケター』は、広告・宣伝を超え、どう行動していくべきか?」の内容をレポートする。

目の前の人を喜ばせられないのに、大勢のお客様を喜ばせるのは難しい

西口:このセッションでは、「『これからのマーケター』は、広告・宣伝を超え、どう行動していくべきか?」をテーマに、足立さんとお話します。

 事前にグロース Xのユーザーの皆さまから寄せられた質問から7つをピックアップし、ディスカッションしていきます。さっそく1つ目の質問です。

質問1

お2人が考える理想のマーケターとは、どのような存在ですか。また、マーケティングにおいて、心躍る瞬間とは、どんなタイミングですか。

足立:まず2つ目の質問から。心躍る瞬間は2つあって、1つは自分たちが手掛けた施策がお客様に響いて、結果として数字となったときですね。もうひとつは、かかわったメンバー、代理店さんやサプライヤーさんなども含む関係者が、その成功をもとに成長し、自信をつけ、笑顔になっていくのがとても楽しいです。私のキャリアの半分は経営者ですが、そういう意味では、経営もマーケティングも、私の中ではとても近いものなんです。

 だから1つ目の「理想のマーケターは?」という質問も、4P(Product, Place, Price, Promotion)にConsumer(消費者)を入れて、「4P+C」全部をみるのが理想だと思っています。西口さんはいかがでしょうか?

西口:非常に共感します。経営とマーケティングの差は、ほとんどわからなくなっていますね。一貫しているのは、できあがった商品をプロモーションしたり、商品そのものを開発したりすることで、誰かが喜んでくれる、欲しいと思ってくれるということでしょう。

 実は足立さんと私はP&Gの同期なのですが、働き始めたばかりの頃、足立さんが「マーケティングは飲み会の企画みたいなもんだよ」と言っていたのをずっと覚えていて。ただみんなで乾杯してさよなら、ではなく、記憶に残る、おもしろかったと言ってもらえる場を企画できるか。当時22歳の足立さんの定義は芯を食っている感じがして、いろいろなところでこの話を紹介しています。

足立:飲み会の企画でも、どんな理由で誰が来て、時間はどれくらいで、という要件の中で、いかに楽しんでもらうかを考えますよね。マーケティングもやっていることは同じです。目の前の人を喜ばせられないのに、大勢のお客様を喜ばせるのは難しいと思います。

全社横断プロジェクトでWHO/WHATを明確化

質問2

ファミリーマートではどのようなマーケティングを展開していますか?

足立:西口さんは常々「誰に何を伝えるのか、どう伝えるのかを全部考えるのがマーケティングだ」とおっしゃっていますが、この1年半、まさにそれをやってきました。

 まずはWHO。老若男女、すべての方がお客様なのですが、その中でも、今後数年間、我々はどんなお客様に特に喜んでいただきたいのか、順番を明確にしました。それがこの図です。コアセグメントは20~50代の男性。伸ばさないといけない強化セグメントは30~50代の女性、そしてシニア。逆に、20代女性、10代男女は維持セグメントとしています。これらはマーケティング部門だけでなく、全社横断のプロジェクトで決めたものです。

講演資料より
講演資料より

西口:私は投資先も含めて20社くらいの経営にかかわっていますが、WHOを最初に決めているところは少ないです。

足立:次に自分たちが何を売りたいのかを明確にするため、5つのキーワードを策定しました。西口さんの顧客戦略の「WHAT」ですね。この中に「お弁当を売る」といったものは入りません。それはあくまで手段です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ファミリーマートが定めた「WHAT」とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

蓼沼 阿由子(編集部)(タデヌマ アユコ)

東北大学卒業後、テレビ局の報道部にてニュース番組の取材・制作に従事。その後MarkeZine編集部にてWeb・定期誌の記事制作、イベント・講座の企画等を担当。Voicy「耳から学ぶマーケティング」プロジェクト担当。修士(学術)。東京大学大学院学際情報学府修士課程在学中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/38616

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング