SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Shopify、YouTubeと提携 クリエイターや売り手の販路拡大を目指す

 Shopifyは、YouTubeと新たなパートナーシップを締結した。これにより、Shopifyユーザーは自分のショップをYouTubeと統合し、ライブ配信・動画・ストアタブという3つの経路で商品を販売できるようになった。

 同取り組みは近年の、クリエイターが自分の作品を直接販売し、顧客との関係を深めていくクリエイターエコノミーの発展を受けたもの。新規顧客獲得を目指しコンテンツを作る売り手や、自分で作品を販売したいクリエイターを新しい手段で支援していくため、両社は今回のパートナー契約に至った。

 3つの販売方法の特徴は以下の通り。

  • ライブ配信: 配信中の重要なポイントに商品をタグ付けすることができる。また、ピクチャー・イン・ピクチャーで動画画面を小さく表示して再生できるため、ユーザーは商品の購入中でもコンテンツを視聴可能。
  • 動画:動画の下に商品欄を配置し、商品リストを表示できる。
  • ストアタブ:販売者のYouTubeチャンネルに新しいタブを追加し、全商品を表示できる。
YouTubeでの商品表示
YouTubeでの商品表示

 Shopifyが小売システムとして機能するため、商品名、画像、価格、配送といった詳細は全チャネルで一貫して最新の状態が表示される。売り切れの場合には自動的にYouTubeから削除される。

 また、管理画面からライブ配信・動画の動きを追跡できるので、複数チャネルの売り上げを一貫して把握できる。

 現時点では米国の一部ショップに限定されるものの、ユーザーが動画上で見つけた商品をその場で直接に購入できるシステムも実装されており、プラットフォーム上でのショッピング機会を促進している。

【関連記事】
Twitter、Shopifyとパートナーシップを締結 アプリで手軽なソーシャルコマースが可能に
Amplitude、Shopify向けのユーザー行動分析アプリを提供開始
Shopify、越境ECに必要なツールを一元管理できるShopify Marketsを発表
LINEとShopifyを連携し、顧客対応コスト削減とリピートの最大化する「DMMチャットブースト」
フィードフォース、ハックルベリーと業務提携しApp Unityを設立 Shopifyのサポートを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/21 16:00 https://markezine.jp/article/detail/39500

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング